SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

  • HOME
  • SPORTS LAB
  • 女性特有の病気やちつの冷えが改善されるコブラのポーズとは?

女性特有の病気やちつの冷えが改善されるコブラのポーズとは?

Text:関口由紀

コブラのポーズ

仙骨周辺の筋肉の冷えや硬さは、生殖器に負担をかけやすく、女性ホルモンが乱れる原因に….。コブラのポーズは骨盤全体が温まり、女性特有の病気やちつの冷えも改善されます。

①うつぶせになり、脚は腰幅に開いて足の甲は床につけておく。手のひらを胸の横についてセットする。
②息を吸いながら腹筋、背筋、腕の筋肉を使って胸から恥骨の上までを床から持ち上げる。ひじは伸ばしきらなくてもOK。
③5呼吸したら、息を吐きながらうつぶせに戻る。

ベビーコブラのポーズ

背面が硬く、コブラのポーズが難しい人におすすめです。また、コブラのポーズに入る前の準備運動として行ってもよいでしょう。やり方はコブラのポーズと同様ですが、コブラでは上体全体を起こすのに対して、ベビーコブラでは胸だけを持ち上げます。

【書誌情報】
『温かくてしなやかな「ちつと骨盤」が体と心を幸せにする。』
著者: 関口由紀 著/YUKO 著/ガロワーズカオリ 著

あらゆる不調、もしかしたら ちつと骨盤が原因かも?

世界的に見ても、おしゃれや美容、
健康に気をつかう日本人女性。
でも、ある部分のケアについては
これまで無頓着に過ごしてきました。

それが、「ちつと骨盤」です。
恥ずかしいからと雑に扱っていると、
生理痛、PMS(生理前症候群) 、冷え症、黒ずみ、
頭痛、肩こり、腰痛、尿もれ、便秘、性交痛、不感症、
骨盤臓器下垂、難産……などなど、
あらゆる悩みに、つながってしまうのをご存知ですか?

本書は、ちつと、体の土台であり子宮を支える骨盤にフォーカスし、
包括的な女性器周りのケア方法をご紹介する1冊。
ちつまわりのマッサージ、骨盤ヨガなど、 5つのケアの実践方法をイラスト満載で解説します。

温かくしなやかな「ちつと骨盤」は、
私たちの体と心をとても幸せにしてくれます!