SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離最大化へ!ドライバーが上手くなる!右ヒジの使い方とは!?【三觜喜一スウィングの流儀】

【MITSUHASHI TV】再生回数ベスト15レッスン

●「ドライバーが上手くなる!右ヒジの使い方」

ドライバーは、その長さの特性を生かし思い切り遠心力を働かせることが上手く打つコツです。このときポイントとなるのがボールとの距離をしっかりとるということで、この条件を満たすことでボールに最大のエネルギーを伝えることができます。

よく「肩が回っていない」という表現がされますが、一見肩が回っているようでも実際には回っていないということがあるので注意が必要です。たとえば左肩がアゴの下まで来れば肩がよく回っているように思えますが、右肩が上がっているだけで全然回っていないということは珍しくありません。つまり重要なのは右肩なのです。

バックスイングでは右ヒジと右肩をいかに後ろに抜くことができるかが重要で、見せかけの左肩の位置にとらわれると本質を見誤ってしまいます。

この右サイドがしっかり後ろに下がっている状態が、「肩が回っている」といえるのです。

肩が上がっているだけだと、クラブの長さぶんの距離をボールととれていないので窮屈なスイングになってしまいます。

こうならないように右ヒジをしっかり引き右肩甲骨を真ん中に寄せるようにして、右肩とボールとの距離を確保しましょう。

そうすれば、思い切り振ったときにクラブがアドレスのポジションに戻ってきます。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.8』6月30日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。