LOVE SPORTS

竜巻や豪雨など、さまざまな気象災害の元凶となる雲とはどんな雲?

Text:岩槻秀明

十種雲形中、唯一、発雷能力をもつ巨大な雲

いわゆる雷雲で、背の高さは10,000mにも及びます。一方で、雲の幅は数キロ~十数キロメートル程度と狭いため、ピンポイントで激しい雷雨をもたらします。遠くの空にあり、地平線からそびえ立つものは入道雲と呼ばれています。

積雲が成長して積乱雲ができる

積乱雲は、積雲の雄大雲(P156)がさらに発達して、雷を伴うようになったものです。雲の下は激しい雷雨となっており、竜巻などの突風やひょうなど、破壊力の強い現象を引き起こすこともあります。

ひとつの積乱雲の寿命は短く、積雲が発生してから、積乱雲になって消滅するまでの時間は約1時間です。

さまざまな気象災害の元凶となる雲

毎年多くの爪痕を残す台風は、積乱雲が集まって激しい渦巻となったものです。豪雨の原因となる線状降水帯は、次々と発生した積乱雲が、列をなしたものです。

アメリカなどで見られる破壊力の強い竜巻「トルネード」は、特殊な条件下で形成された巨大な積乱雲(スーパーセル)によってもたらされます。

出典:『雲の図鑑』著/岩槻秀明

【書誌情報】
『雲の図鑑』
岩槻秀明 著

公開日:2021.11.24