SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

オリックスが20年ドラフトで指名すべきは高校通算53発放った将来の4番候補!東海大相模・西川僚祐

2020ドラフトオリックス・バファローズは、
コイツを指名しろ!

昨季に続き、今季も開幕から最下位に沈むオリックス。シーズン途中には西村徳文監督が退任し、中嶋聡監督代行が指揮を執るが、なかなか光明は見えない。常々、「選手は揃っている」といわれているだけに、キッカケさえあれば浮上するはず。ドラフトが、その「キッカケ」になるか!?

選手は揃っているのに…起爆剤になる男、求ム!

9月20日時点で5位西武に8・5ゲーム差をつけられての最下位……。そんな順位にいるのが不思議に感じられてしまうのが、近年のオリックスだ。山本由伸、山岡泰輔、吉田正尚といった侍ジャパンでも主力を張る選手を投打に擁し、先発陣には田嶋大樹、榊原翼といった将来有望な若手も控える。野手に目を移しても、高卒2年目で初本塁打を放った太田椋、育成から這い上がり、1軍デビュー初打席でいきなり本塁打を放った大下誠一郎など、育成面でも明るい話題が続く。

にもかかわらず、勝てない。戦力的には十分戦えるのだから、今必要なのは「起爆剤」だろう。新人にそれを求めるのは酷かもしれないが、そうなれる可能性を秘めているのが佐藤輝明(近畿大)だ。当たれば飛ぶのは間違いなく、1年目から確実性には目をつむり、たまに飛び出す京セラドーム5階席まで届く特大弾でチームを鼓舞する……。そんな画を描くことができるスケールの大きさを持っている。すでに巨人の1位指名が報道されているが「競合上等」でクジ引きで横からブン獲るくらいの熱い気持ちを、ドラフトで見せて欲しい。

その上で、将来的には外野のレギュラーを任せられそうな西川僚祐(東海大相模)を3位あたりで押さえておきたい。現在、チームの絶対的レギュラーは吉田正尚のみ。宗佑磨、中川圭太、佐野皓大、西浦颯大らが控えているとはいえ、どこまで伸びるかは未知数。上記4人が比較的「巧打・スピードタイプ」なのを考えても、186センチ、92キロの体躯から高校通算53発をかっ飛ばした将来の4番候補を獲得しておいて損はない。数年後には太田、佐藤と強力クリーンナップを形成することも不可能ではないはずだ。

西川僚祐【外野手】/東海大相模

186cm92kg 右投右打 遠投90m 50m6秒3

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!

「がっつり!プロ野球」27号 2020年ドラフト特集号
『インタビュー』
佐野恵太(DeNA)ドラ9が4年で4番主将になるまで
戸郷征郷(巨人)新エース候補は20歳
浅村栄斗(楽天)CSそして優勝へキーマン登場!
田澤純一(BC群馬)日本でプレーするその理由
高木豊 野球youtuberの先駆者が語る令和の野球界

『特集』
・48ページぶっこ抜き!12球団、この選手を獲れ
・ドラフトライターイチ押し!隠し玉はこの選手だ!
・佐々木朗希は奥川恭伸は?ドラ1ルーキーの現在地
・明日の佐野恵太はここにいる!ブレイク候補を青田買い!
・鈴木尚広から周東佑京まで!今昔「足のスペシャリスト!」
・あのレジェンドが現役だったら?「妄想年棒」の世界
・今オフはFAが凄いかも!? ストーブリーグ大予想!
・森梅野會澤大城!打てる捕手が増えてきて嬉しいぞ特集!!
・30代になってブレイクする選手も!遅咲き名選手特集!!
・みんなツイッター好きだよねえ。この#ハッシュタグが凄い!!
・12球団日本シリーズ:ベスト&ワーストバウト!!

・・・など今号も全ページ野球のウンチク満載です!!