SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

血管の長さって、 どれくらいあるの?【解剖学の話】

Text:坂井建雄

血管は心臓に近づくほど太くなる

全身をくまなく巡り、血液を輸送するパイプの役目を担っている血管は、動脈(どうみゃく)、毛細(もうさい)血管、静脈(じょうみゃく)の3つで構成されています。

血管のなかで最も太いのは大動脈で、心臓から体の真ん中を通り、ほかの動脈へ血液を送り出しています。その太さは10円玉の直径よりも少し大きめ。動脈の壁は厚く、弾力性があるため、めったなことでは切れません。この弾力が失われ、かたくなった状態が動脈硬化といわれるものです。

いちばん細いのは毛細血管で、直径は約120分の1ミリメートルほど。赤血球などの血球がやっと通れるくらいの太さなので、人間の目で見ることはできません。毛細血管は体の隅々まで巡り、酸素や栄養素を届ける役目を担っています。毛細血管はかたい骨のなかにもあります。

血液は6000キロメートルを旅する

皮膚から透けて見える血管は、すべて静脈です。動脈が心臓のポンプ作用で血液を送り出すのに対し、重力に逆行する静脈には血液が逆流するのを防ぐ弁がついていて、全身の筋肉のポンプ作用で心臓まで血液を戻しています。

静脈は血液を運搬するだけで、ほとんど圧力を受けないため、血管壁は薄く、弾力性もそれほどありません。

では、これらの血管をすべてつなげると、どれくらいの長さがあるのでしょうか。答えは約6000キロメートルで、日本列島のおよそ3倍の長さになります。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 解剖学の話』
著:坂井建雄 日本文芸社刊

執筆者プロフィール
順天堂大学保健医療学部特任教授、日本医史学会理事長。1953 年、大阪府生まれ。1978 年、東京大学医学部卒業後、ドイツのハイデルベルグ大学に留学。帰国後、東京大学医学部助教授、順天堂大学医学部教授を歴任。医学博士。専門は解剖学、細胞生物学、医学史。専門書だけでなく一般向け書籍まで、著書、監修書を多数刊行。近著書は、『医学全史』(ちくま新書)、『図説医学の歴史』(医学書院)など。

ヒトの骨は全部で何個あるの? 血管の長さって、どれくらいあるの? 女性と男性で呼吸法が違うって、ほんとう? いちばん身近でディープ! ヒトの体のナゾを徹底解明! 専門的知識ゼロでOK! 骨、筋肉、肺、心臓、腸、脳……。超素朴な疑問で楽しむ解剖学のキホン。いま、解剖学は医療職やスポーツ関係者だけでなく、健康や体に対する意識の高い人を中心に広く一般に関心が高まっています。解剖学は、人体を切り開き、ヒトの体のしくみと働きを追求する学問。そんな解剖学と解剖学から発展した生理学をベースに、いちばん身近でディープな人体の謎を、ゆるくて楽しいイラストとともにわかりやすく解説します。専門的知識ゼロでも大丈夫。素朴な疑問形式で、骨や筋肉、関節から、呼吸器、循環器、消化器、呼吸器、感覚器、生殖器まで、知っておきたい体のコトが楽しくわかります。日常生活にも役立ち、楽しさ満載の図解本。監修は、解剖学の第一人者の坂井建雄先生です。 ヒトの骨は全部で何個あるの? 血管の長さって、どれくらいあるの? 女性と男性で呼吸法が違うって、ほんとう? いちばん身近でディープ! ヒトの体のナゾを徹底解明! 専門的知識ゼロでOK! 骨、筋肉、肺、心臓、腸、脳……。超素朴な疑問で楽しむ解剖学のキホン。いま、解剖学は医療職やスポーツ関係者だけでなく、健康や体に対する意識の高い人を中心に広く一般に関心が高まっています。解剖学は、人体を切り開き、ヒトの体のしくみと働きを追求する学問。そんな解剖学と解剖学から発展した生理学をベースに、いちばん身近でディープな人体の謎を、ゆるくて楽しいイラストとともにわかりやすく解説します。専門的知識ゼロでも大丈夫。素朴な疑問形式で、骨や筋肉、関節から、呼吸器、循環器、消化器、呼吸器、感覚器、生殖器まで、知っておきたい体のコトが楽しくわかります。日常生活にも役立ち、楽しさ満載の図解本。監修は、解剖学の第一人者の坂井建雄先生です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内