LOVE SPORTS

半年の厄をキレイに取り除き残り半年の無病息災を祈願する行事とは?【開運神社カレンダー】

夏越の大祓

6月の最終日に、神社の境内で大きな輪を皆がくぐっているのを、見たことがある人も多いのではないでしょうか。これが「夏な 越ごしの大おお祓はらえ」で行われる「茅ち の輪くぐり」です。夏越の大祓は、一年の折り返し地点にあたる6月30日に、半年間の罪・穢れ、災いを祓い清めるとともに、上半期を無事に過ごせたことに感謝し、残る半年の無病息災を祈願する、〝心身の大掃除をする〟、浄化の日です。

 夏越の大祓で行われる「茅の輪くぐり」は、茅を束ねて作られた茅の輪をくぐりながら、「祓えたまえ、清めたまえ、神ながらまもりたまえ、幸きわえたまえ」と唱えながらくぐりましょう。これは、厄除けのご神徳があるスサノオノミコト(以下、スサノオ)にまつわる神話に由来する神事ですのでご紹介しておきます。

「昔、スサノオが妻に会いに南方へ出かけた時、途中で泊めてもらえる家を探していました。お金持ちの家に声をかけると『うちは貧しいから泊められないよ』と、断られ、困っていたところ、蘇民将来という男が『小さい家ですが、うちへどうぞ』と招き入れてくれました。貧しいながらも真心をもって、精一杯もてなしてくれた蘇民将来に感心したスサノオは、『この先、そなたの村で疫病が流行ったら、茅で作った輪を身に付けなさい』と告げました。。その後、村で疫病が流行りましたが、茅の輪を身に付けていた蘇民将来一家は、家族全員が難を逃れ、長者となって繁栄。この幸運にあやかろうと、村人たちは茅の輪を身につけるようになりました」。

この神話に基づき、主にスサノオを祀る神社では、「蘇民将来之子孫」と記した守護札や、お守りを授与するところがあります。スサノオを祀る神社の総本社である京都の八坂神社では、祇園祭の際に「蘇民将来子孫也の護符(茅之輪守)」と「粟餅」が授与されます。また、伊勢神宮がある伊勢の町では、お正月になると「蘇民将来子孫家紋」の札を付けたしめ縄を飾る家もたくさん見られます。蘇民将来の言い伝えが、今でも根強く残っている証ですね。

茅の輪を用意している神社はたくさんあるので、ぜひお参りを! 機会があれば、スサノオがお祀りされている神社へも足を運べたら最高ですね。蘇民将来のように優しい心でお参りすれば、スサノオ様が感動して、半年の厄をキレイに取り除き、厄災から守ってくださるでしょう!

出典:12ヶ月の開運神社カレンダー

【書誌情報】
『12ヶ月の開運神社カレンダー』
白鳥詩子 著

ほかでは語られていない、 「開運速度がぐんとアップする」特別な神社参拝を伝える1冊。 神社を守る家系に生まれ、11歳で巫女デビューした著者が、 お参りするのに「最適な開運日」を月ごとにピックアップし、 その意味合いと、神様が耳を傾けてくれる願いの伝え方をご紹介します! 神様との「ご縁」が深くなり、神様に愛されながら、 どんどん願いを叶えていける素敵なサイクルが生まれます。 気になる参拝のお作法や、暦にそった開運フード、お願いごと別のおすすめ神社も掲載! 神社好きも、神社巡り初心者も楽しめます。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内