LOVE SPORTS

太陽と反対側の空に見られる色鮮やかな光のアーチ「虹」のメカニズムとは?【雲の図鑑】

Text:岩槻秀明

雨上がりの夕方虹を探してみよう

虹は、太陽と反対側の空に、多数の水滴(おもに雨粒)が存在するときに現れる、光の現象です。比較的見つけやすいのは、雨上がりの夕方です。太陽の光が雨粒などの水滴にあたると、2回の屈折と1回の反射を経て跳ね返ってきます。屈折の際に、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫と色が分かれ(P238も参照)、これが虹の色のもとになっています。

ちなみに、虹は上述の7色といわれているものの、これはあくまで便宜上の表現にすぎません。虹の色味はその時々でずいぶん異なり、色の間は微妙なグラデーションとなっていて、きっかり色ごとに分かれているわけではありません。

 また日没・日の出前後の虹は、朝焼け・夕焼けと同じメカニズムで赤色系が主体となり、「赤虹」と呼ばれています。太陽が低いときの虹は、大きなアーチを描きます。一方で太陽が高くなるにつれ、虹の位置は低くなります。太陽高度42度以上になると、地平線下に隠れて見えなくなります。

出典:『雲の図鑑』著/岩槻秀明

【書誌情報】
『雲の図鑑』
岩槻秀明 著

季節ごとに見られる雲や、気象予報の役に立つ雲など、雲の外観から判別できる雲図鑑に加え光の作用によって見られるレアな雲や、雲ができる過程など科学的なメカニズムまで解説。ポケットに入れていつでも楽しめる雲図鑑なので自粛の際でも公園や河原で子供と遊ぶ時や、外に出られなくても楽しめる

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内