SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

即戦力左腕が欲しいが…1位は高校生投手指名を!西武が1位指名すべき小園健太/市和歌山

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
埼玉西武ライオンズ編

2018年、2019年とリーグ連覇を果たした西武だが、昨季はリーグ3位、今季はBクラスに沈み、CS進出も危うい状況に。強力打線は健在も、主力の高齢化&連覇時から課題だった投手力は未だ解決されていない。“黄金時代復活”へ、果たしてどんな選手を指名すべきか!?

即戦力左腕が欲しいが…1位は高校生投手指名を!

ここ何年間も西武の課題と言われ続けているのが「投手力」。リーグ連覇を果たした年ですら、チーム防御率はともに4点台だった。

 その一方で、光明が見え始めているのも事実。髙橋光成、今井達也という「高卒ドラ1甲子園優勝投手コンビ」がエース格へと成長し、そこに大卒3年目の松本航を加えた3本柱を形成。まだまだコマ不足なのは間違いないが、しっかりとした軸ができつつある。
 

とはいえ、昨年ドラフトでは早川隆久(楽天)の外れ1位で野手の渡部健人をサプライズ指名。4位で今季途中離脱するまで盗塁を荒稼ぎしていた若林楽人、6位でスラッガーのブランドンと、全体的に野手を厚めに指名している。

そのぶん、今年は投手中心の指名で臨みたいところだ。圧倒的に不足しているのは先発左腕なので、本来であれば隅田知一郎(西日本工業大)、佐藤隼輔(筑波大)、鈴木勇斗(創価大)あたりが有力候補だが、ここで注目したいのは西武が伝統的に高卒投手をエースに育てて戦ってきたということ。

2000年代以降で西武の「エース」と言えば、松坂大輔、岸孝之(楽天)、菊池雄星(マリナーズ)、そして髙橋光、今井と続くが、このうち大卒は岸ひとりだけ。

伝統的に高卒投手の育成ノウハウに長けていることを考えると、1位指名は高校生ではナンバーワンの完成度を誇る小園健太(市和歌山)を推したい。

その上で、2位以下で前述の即戦力左腕やスケール感のある山下輝(法政大)、リリーフ適正もありそうな山田龍聖(JR東日本)を指名できれば言うことなしだろう。

また、森友哉の後継者候補も中位以下できっちりと指名しておきたい。

おすすめ指名順位は1位指名!

●小園健太/市和歌山・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!