SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

1位はサウスポーの確保を!ヤクルトが1位指名すべき佐藤隼輔/筑波大

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
東京ヤクルトスワローズ編

昨季の最下位から一転して阪神、巨人と優勝争いを展開する今季のヤクルト。山田哲人&村上宗隆を軸に据えた打線はリーグ屈指の破壊力と安定感を誇る。一方、長年課題とされる投手力はまだまだ心もとない。今年のドラフトも、上位指名は投手中心か!?

補強ポイントは実は野手2位以下で将来の主軸を

下馬評を覆す好成績で優勝争いを繰り広げている。打線はもともと良かったので、チームの順位を引き上げたのは投手力に他ならない。高津臣吾監督のマネジメント能力は流石の一言だ。

とは言え、補強ポイントは打撃陣だったりする。野手の高齢化が著しく、村上宗隆の存在はあるものの、新陳代謝を図らなければいけない。

今年のドラフトと戦線のメンツから、1位は投手を指名しつつ野手を狙っていくという選択になるのではないか。

左右バランスで言うと、サウスポーの枚数に物足りなさがある。1位は筑波大のサウスポー・佐藤隼輔を狙うべきだろう。150キロを超えるストレートとスライダー、チェンジアップを駆使していく。1年目からのローテーション入りも期待できるはずだ。サウスポーでは東京出身の2選手を下位指名で抑えておきたい。秋山正雲(二松學舍大附)は甲子園でも好投を見せた。この夏の登板はなかったものの、羽田慎之介(八王子)は将来性が期待される。

2、3位では野手を狙っていく。内野の右打者が西浦直亨、山田哲人以来、支配下には存在していないが、今季のドラフトでは代わりになる選手は多く見当たらない。三塁を守る有薗直輝(千葉学芸)や捕手からのコンバートが見込める松川虎生(市和歌山)などをどう判断するか。

一方、外野に目を移すと、1番の塩見泰隆がレギュラーを獲得し、ファームには中山翔太、濱田太貴などが控える。一方、左打者は高齢化が進んでいる。青木宣親、坂口智隆、雄平などの後釜候補として、阪上翔也(神戸国際大附)、俊足が持ち味の丸山和郁(明治大)、梶原昂希(神奈川大)らも好打者。世代交代を図るにはいい素材になるかもしれない。

指名候補ではない選手を無理やり指名する必要性はないが、野手陣の新陳代謝を図るためのドラフトと位置付けていいはずだ。投手力が落ちついてきただけに、次世代を見据えながらのドラフトになりそうだ。

こんな指名はNGだ!

内野手は左打者が多く在籍している。西浦や山田のバックアップとなって成長してきた宮本丈や元山飛優などもいるため飽和状態。左の俊足・好打者は避けたい。左を指名してもスラッガータイプに限定すべきだろう。投手は厚みを増すのみ。

おすすめ指名順位は1位指名!

●佐藤隼輔/筑波大・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!