SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

エースと主砲になる素材の獲得を!ソフトバンクが2位指名すべき吉野創士/昌平

Text:西尾典文

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!ソフトバンクホークス編

4年連続で日本シリーズを制し、「黄金時代」を築いているソフトバンク。しかし今季は開幕から故障による離脱者が相次ぐなど、万全の戦いを見せられていない。選手層の厚さは誰もが認めるところだが、ドラフトでは「育成重視」でいくべきか、「世代交代」を狙うべきか!?

世代交代の波が!本格的にエースと主砲になる素材を

昨年まで4年連続の日本一を達成しているが、今年は苦戦が続きあらゆるところで世代交代が必要な状況となっている。投手陣は有望株こそ多いものの先発ローテーションの顔ぶれは大きく変わらず、千賀滉大のメジャー移籍も懸念材料。野手も松田宣浩、デスパイネ、グラシアル、バレンティンと右打者が軒並み成績を落としており、それに代わる候補もまだまだ未知数な部分が多い。過去4年間は抽選を外しているが、基本のナンバーワン戦略に立ち返って投手、野手ともスケールの大きい目玉候補を狙いたい。

投手では風間球打(ノースアジア大明桜)が一番のオススメだ。粗さは残るものの、何よりもストレートの力は圧倒的なものがある。ソフトバンクの恵まれた環境で鍛えれば、十分に千賀の後釜になれるだけの素材である。また左の先発候補も少ないだけに補強ポイントとなるが、3位で残っていれば狙いたいのが山田龍聖(JR東日本)だ。

社会人での実績はないものの、角度のあるストレートは大きな魅力で、高校卒3年目と若さがあるのも魅力。山田が上位で消えた場合は松浦慶斗(大阪桐蔭)、羽田慎之介(八王子)など大型の高校生左腕の獲得も視野に入れたい。

一方の野手は昨年井上朋也を1位指名したが、今年も上位で右の大砲候補を狙いたい。オススメの候補は吉野創士(昌平)だ。細身だがバットにボールを乗せる上手さがあり、遠くへ飛ばす力は高校生でもトップクラス。フィジカル面の強化に定評のあるソフトバンクでしっかり鍛えれば、将来は中軸を打てる可能性を十分に秘めた選手である。

今年も育成で多くの選手を指名すると見られているが、そこではやはりまとまりよりも粗削りな素材型を多く狙いたい。投手では地元九州の柳川大晟(九州国際大付)、黒木優(九州文化学園)などが面白い。ともに大型でスケールは魅力だ。また野手では前田銀治(三島南)も候補となる。まだまだ粗削りだが抜群の運動能力で、磨けば光る大器である。

こんな指名はNGだ!

過去2年間は思い切った野手中心の指名に振り切ったが、成果が出るのはもう少し先という印象。一方の投手も先発タイプはあまり補強できていない。巨大戦力で育成でも多く選手を抱えているというのは確かに強みだが、大物の先発候補をスルーして素材ばかり重視するのは将来を考えても避けるべきだろう。

おすすめ指名順位は2位指名!

●吉野創士/昌平・外野手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!