SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

原采配にズバリ応えるプロ初ホームランを放った!増田大輝

3年ぶりプロ2度目の完封勝利を挙げた今村信貴

4月11日にマツダスタジアムで行われた広島カープとの一戦に、今季先発した2試合ともに7回1失点と好投した今村信貴が先発登板し、テンポよく腕を振り、リズムに乗ったピッチングで、広島カープ打線から7三振を奪う142球の力投で、3年ぶりプロ2度目の完封勝利を挙げ、チームを2年ぶりの借金生活から一夜で脱出させる白星をもたらし、無傷の今季2勝目をマークした。

岡本和真の先制1号2ランホームランなどで序盤に3点のリードをもらうと、今村信貴は3回までノーヒット投球を披露し、4回には2アウトから鈴木誠也、会沢翼に連打され1、2塁のピンチを招くも、なんとか切り抜け、5回にも田中広輔、菊池涼介、安部友裕に3安打を集中されて2アウト満塁のピンチを招いたが、無失点で切り抜け、8回まで134球を投げていたが、大量9点リードもあり、続投し、9回はわずか8球で3者凡退に打ち取り、9回142球7奪三振無失点の好投を見せた。

3年ぶりプロ2度目の完封勝利を挙げた今村信貴は「3年ぶりだったので懐かしいというか、とにかくうれしかった」。と喜びを噛み締めた。

今季は3試合で2勝0敗、防御率0.78と抜群の安定感をみせている今村信貴に対し、原監督は「全てのボールが良かった。何かつかんでくれたのかな」。と賞賛された。

プロ初ホームランを放った増田大輝

「8番・二塁」で今シーズン初の先発出場を果たした増田大輝が、通算110打席目にして初となるホームランを放ち、原監督の采配にズバリ応える活躍を見せた。

5点差で迎えた5回、2アウト2塁で打席に立った増田大輝は、広島カープ2番手・中田廉が1ストライクから投じた2球目のシュートをレフトスタンドへ叩き込み、チームのリードを大量の7点にまで広げた。

プロ初ホームランを放った増田大輝は「後ろにつなぐ気持ちと、積極的にいった結果がいい方向に出てくれました。ホームランになるとは思いませんでしたがうれしいです」。と驚きの表情を見せた。

初回の守備でも1アウトから安部友裕が放った打球がセンター前へ抜けそうになったが、増田大輝が逆シングルで捕球し、ジャンピングスローで、アウトに打ち取り、今村信貴を助ける好プレーを見せていた。

今シーズン初の増田大輝の攻守に渡る活躍に、スタメンに抜擢した原監督も眉を細めた。