SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

打率.500の巨人「代打の神様」阿部慎之助の代わりを任せたい男!石川慎吾

2020年、巨人の「代打の神様」になれる石川慎吾

ピッチャーが打席に入るセ・リーグにおいて、代打の役割はパ・リーグのそれよりも重要度は大きい。

すでに終わった9試合中6試合で代打起用され、6打数3安打1本塁打の打率.500と期待に応えているのが石川慎吾だ。

昨年も代打起用が中心で70打数12安打の打率.257の成績だったが、今年は明らかに雰囲気が違う。昨年、巨人の代打の切り札的存在は阿部慎之助が担うことが多かったが、もうあの背番号10はいない。

3年前に入れ替わりで日本ハムに行った大田泰示が活躍している。

今年こそダイナマイト慎吾が代打の切り札以上の「代打の神様」になって爆発してくれれば、セ・リーグ連覇のための大きな力になるはずだ。