SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】8月の防御率は1.93!ブルペンを支え続ける移籍2年目、鍵谷陽平!

昨季、交流戦明けに日ハムから加入

 巨人の鍵谷陽平投手が8月21日の対広島戦に登板。7回の1イニングを2奪三振無失点に抑えた。今季は19試合目の登板。特に8月に入ってからは5試合で防御率1.93と調子を上げている。

 21日の試合は先発の田口麗斗が初回にいきなり5失点。6回を終えて5点差で負けている状態での登板だった。そんな状況でもしっかり抑えて見せることで、首脳陣からもファンからもまた信頼が上がったことだろう。

 積極的にトレード施策を行う巨人では、今季では楽天から加入した高梨雄平やウィーラーが活躍中。鍵谷陽平自身も昨季途中、日本ハムからのトレードだ。そしてトレード後、27試合に登板し防御率3.00と結果を残した。

 チームは21日は敗れたが、2位DeNAとは4.5ゲーム差。鍵谷陽平をはじめとするブルペンの頑張りが、連覇を目指すチームを支え続けている。