SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

楽しみは膨らむばかり。日ハム2位・立野和明の”恐ろしいスケール”とは?

Text:高森勇旗

ドラフト候補の投球を捕球してその体感をつづる「ブルペンキャッチャー・高森勇旗」。今回は日ハム2位指名の立野和明。
第3回では、2月20日の練習試合で11球で1回を抑えた立野の「柔らかさとスケール」に踏み込む。

立野和明③ とにかく、柔らかい

足を上げ切った時に、一度タメを作る。そこから踏み出しリリースに向かうのだが、一連の動きがとにかく柔らかい。
腰も肩甲骨も実際に柔らかいのかどうかはわからないが、左足が地面に着地した力を確実にリリースに つなげようという意識が見られる。
左肩を下げることによって、右腕を上げている。これも、ただ下げるのではなく、右腕が十分に回るスペースを空けているかのように自然な動きである。リリースのタイミングに力を集約させてくるわけでもないので、リリースで力むこともない。

フォーム全体が一定のリズムで流れ、その中にリリースも集約されている。よって、力んでいないのに力強いボールが叩き込まれるという印象を持つ。
これは、なかなかできる芸当ではない。どこか一つの練習をすればいいというわけではなく、フォーム全体の「つながり」が重要になる。本人に相当な身体感覚があるのだろう。

恐ろしいスケールの大きさ

なんと言っても、若い。まだ21歳である。恵まれすぎた体は、まだ大きくなりそうである。
それでいて、身体能力に頼らないバランスのいいフォームで投げられる。カットボールとスプリットの質を見ると、リリースの指先の感覚もかなりいい。
ここに体の強さが加わった時、一体どんなピッチャーになるのだろうか。楽しみはふくらむばかりだ。

欠点らしい欠点は、今のところ見当たらない。もちろん、プロに入り細かい技術や勝負の駆け引きなどはあるだろうが、それはプロに入ってから学んでいけばいい。
どうか、細かいことに気をとらわれず、このスケール感を保ったまま大きな選手に育ってほしい。そう思える大器であった。

次回「立野和明:④『普通のフォームで普通の球を投げたいんです』」へ続く
(初出:【野球太郎No.033 2019ドラフト総決算&2020大展望号 (2019年11月27日発売)】)

(捕球・文=高森勇旗)
1988年生まれ、富山県高岡市出身。
岐阜・中京高~横浜(DeNA)。高校時代は強打の捕手として注目され、2006年高校生ドラフト4巡目で横浜に入団。2009年にはファームで打率.309、15本塁打を記録するなど期待されたが、2012年に戦力外通告を受け退団。『野球太郎』No.006よりスポーツライターとしても活動を開始した。

『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。