SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ゾーンディフェンスの弱点を突き、得点チャンスを作ることができるオーバーロードとは!?【ダイヤモンドオフェンス】

Text:坂本圭

オーバーロード

ゾーンディフェンスの弱点を探すとき、ゾーンディフェンスにはマンツーマンディフェンスの要素が含まれていることを理解する。同様にマンツーマンディフェンスにもゾーンディフェンスの要素が含まれている。ゾーンディフェンスは選手がある特定のゾーンを守る。優先順位は、ボール、スペース、相手。マンツーマンディフェンスの優先順位は、ボール、相手、スペース。

この優先順位から考えるゾーンディフェンスに対してのオーバーロードの効果は、1人の守備選手が守るゾーンに2人の攻撃側の選手を配置するとオーバーロードの状況が作り出される。ゾーンディフェンスの優先順位(「相手」は3番目)が弱点となり、オーバーロードの状況になっているゾーンにボールが入ると守備側にとってそのゾーンで数的不利の状況になり、攻撃側はこのゾーンから得点チャンスを作ることができる。相手はボールの位置によって各ポジションの選手がチームで決められたゾーンに配置される。その1人1人配置されたゾーンに2人の攻撃選手が配置されても、ゾーンディフェンスの優先順位が邪魔となり対応できない。その弱点を突くのがオーバーロードである。

オーバーロード
あるエリアにおいて、守備選手の人数よりも多く攻撃選手を配置させること。

 守備側は、オーバーロードの対応として、1対2の数的不利になったゾーンに近くの守備選手がカバーに入る。そうなると今度は、カバーに入った選手のゾーンがオープンスペースとなり、そのゾーンを攻撃側の選手が利用することによって攻撃が行われシュートチャンスを作るのがオーバーロードの原則である。

オーバーロードはゾーンディフェンスを攻略するための最適な方法である。守備側はボールがあるゾーンの選手のカバーリングをするだけでは、オーバーロードを防ぐことはできない。最終的にオーバーロードに対応するために、ゾーンディフェンスの3つ目の優先順位である「相手」をマークするようになるが、これはオーバーロードの罠である。

攻撃側がオーバーロードを使うと、相手のゾーンディフェスはマンツーマンディフェンスのようになってしまう。つまり、オーバーロードは相手のゾーンディフェンスをマンツーマンディフェンスのようにするための攻撃方法である。

ゾーンディフェンスにマンツーマンディフェンスの要素が含まれると、相手の守備の仕方によってスペースができる場所が変わってくる。攻撃側は相手の守備のどこにオープンスペースができるかを注意深く観察しなければならない。マンツーマンディフェンスの攻略については後述するが、マンツーマンディフェンスであっても、例えば、自陣ゴール前ではゾーンディフェンスのような守り方をしなければならない。

どのような守備方法でもゴールを守ることが最終目的であり、ゴール前でボール保持者との1対1の状況では、近くにいる他の守備選手は、自分のマークを捨てて、カバーリングに入らなければならないからだ。

ゾーンディフェンスとマンツーマンディフェンスの「共通の要素」は、守備側の選手をヘルプするために、自身のゾーンやマークを捨てカバーに入ると、そこがオープンスペースとなりフリーマンができてしまうことだ。

攻撃側は、オープンスペースがどこにできるのかを知り、上手く相手の守備方法に適応することが鍵である。優れたチームの攻撃は、どのような種類のディフェンスにも対応できる。ダイヤモンド・オフェンスはどのような種類の守備にも柔軟に対応できる攻撃方法である。

著名人の言葉
「ゾーンのウィークポイントを見つけたプレーヤーはそこへカットする。それによって、ディフェンスはカットしてきたプレーヤーをカバーしなければならなくなり、ディフェンスがヘルプにまわることによって、さらなるウィークポイントが生じる。」
テックス・ウィンター(トライアングル・オフェンスを考案したNBAコーチ)

【オーバーロードの例1】
WGが相手CBが守るゾーンに入って2対1の状況を生み出そうとしている。


【オーバーロードの例2】
相手CBが守るゾーンにCFとWGが配置されオーバーロードの状況。ボール保持者がWGへパス。相手 CBがWGへプレッシャーをかけるとCFがフリ ーとなる。


【オーバーロードの例3】
相手CBが守るゾーンにCFとWGが配置されオーバーロードの状況になったので、相手SBはCBをカバーするためにCBが守るゾ ーンに入りWGをマーク。相手SBが自身が守るスペースを空けたことで、そこがオープンスペースとなり、SBがそのスペースを利用しパスを受ける。


出典:『ダイヤモンドオフェンス サッカーの新常識 ポジショナルプレー実践法』著/坂本圭

『ダイヤモンドオフェンス サッカーの新常識 ポジショナルプレー実践法』
著者:坂本圭

日本ではまだ珍しいサッカー攻撃の概念・ポジショナルプレーを取り入れた戦術書!!スペインのプロチームでコーチライセンスを獲得した著者が、サッカーを勉強したい学生や指導者、日本式ではなく世界のトップシーンで導入されている新しいサッカーの攻撃方法を実践したいと思っている方々のために、ポジショナルプレーを実践するための方法としてダイヤモンドオフェンスを伝授します。