SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

食べることへの意識が変わりやすい痩せる自己分析の方法とは?

Text:松永健吾

「1週間の食生活」から傾向と対策を

さあ次は、3つめのワークシート。今日から1週間分の食生活を記録していきましょう。本来は1ヶ月かけて判断していくのですが、本書では気軽に始められる1週間で見ていきます。ポイントは、いつもどおりの食事を続けて、それを記録することです。「ダイエットだから、低脂質・高タンパクのものを選ぶようにしなきゃ!」とは、考えないでください。ここで確認したいのは、現在の 食生活と体内部の傾向だからです。
・食事の摂取量が多いのか、少ないのか。
・栄養バランスに不足はないか。
・実際のカロリー収支はどうなっているのか。
・代謝が落ちているのか、どうか。

これらを1週間の食生活記録から読み取り、そこから得られるものを2週目以降のやせるための具体的な対策に落とし込んでいきます。今のあなたのやせやすさや、これからの食生活の目安がばっちりわかりますよ。食べた時間を確認したり、食べる量を測るのは、はじめのうちは億劫に感じるかもしれませんが、次第に感覚でわかるようになっていきます。今、面倒くさいことをやっておけば、それが一生モノになる。勉強と同じようなものですね。

また、自分が何をどれくらい食べているのか、数値化すると頭で理解でき、食べることへの意識が変わりやすいということもあります。いろいろ書きましたが、基本的にはテキトーでも大丈夫です! ここも気負わず、モチベーションを上げすぎず。歯磨きでもするか のように、食事からの自然な流れで記録を始めてみましょう。

【書誌情報】
『やせない理由はあなたのガマンにありました!』
著者: 松永健吾 著

ダイエットに失敗するのは、ガマンをするから! 本当に必要なのは、
◇これまでのダイエット経験によってつくられた  「だメンタルをリセット」すること。
◇日々、どんな食事をしていて、代謝はどういう状態か、  「自己分析」で、正しい現状把握をすること。
◇食べることをガマンするのではなく、  自己分析でわかった、自分に合う食事管理をすること。
◇やらなきゃ損!の神エクササイズで、 やせやすい体をつくること。
「制限(ガマン)」ではなく「管理」をすることが、 ダイエットの成功のカギです! 世界一寄り添うパーソナルトレーナーが、 一生やせる方法をガイドします。