SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

糖質オフによる肉体的4大メリットとは!?【最強の食事】

Text:森拓郎

糖質オフで脂肪を燃やすカラダになる!

糖質オフの食生活を実践することによるメリットをご紹介!これまでなぜ思うように痩せなかったのか食事をすると太ってしまうメカニズムを解説する!効果的な食事法を理解し、脂肪を燃やすカラダをつくろう!

糖質オフによる肉体的4大メリット

【メリット1】肥満ホルモン(インスリン)が出ない!
糖質を極力摂らないようにするので、血糖値が上がりにくく、肥満ホルモンであるインスリンの分泌を最小限に抑えることができる。カラダの中で糖質を脂肪として蓄える動きがされにくい。

【メリット2】食べている最中ですら脂肪が燃える!!
一般的には食事=太るという構図を頭に浮かべやすいが、これは糖質ありきの話。糖質制限食では高たんぱく食となるので食事誘発性熱産生が亢進し、消費エネルギーが増す。また、食事中ですら脂肪を燃やすカラダになる。

【メリット3】人間が持つ神秘のエネルギー「ケトン体」をつくり出す
人間は本来、自分自身でエネルギーをつくり出す能力を持っている。しかし、糖質が多すぎるとその能力も効果を発揮できない。糖質制限をすることで自身のエネルギーとして様々な役割を果たす「ケトン体」を生産し、自給自足のパワフルな肉体をつくり出す!

【メリット4】「糖新生」により必要なブドウ糖を生み出す!
カラダにとってブドウ糖などの糖質は必要なものだが、外部から取り込まずとも自身でつくれば問題無し!体内に糖質が少ないと、肝臓で「糖新生」と呼ばれる、必要なブドウ糖をアミノ酸や乳酸から生産するシステムが活性化する。

食事で太ってしまう原因

[糖質たっぷりの食事の場合]
●エネルギーをカラダがつくり出す必要が無く蓄える方向へベクトルが向く!
炭水化物が多く、糖質を摂りすぎると、自身でエネルギーを生み出す必要が無いため、エネルギーを含む豊富な糖質をカラダが蓄える働きにシフトする。つまり、エネルギーは脂肪に変わり、太ってしまう!


[糖質オフの食事の場合]
●カラダを動かすエネルギーを自身の体内でつくり出す!
たんぱく質、脂質が中心の食事で、糖質を摂らないため、カラダがエネルギーを生み出そうとして脂肪を燃やす!ビタミンなど一部の栄養素はカラダの中で生成できないので、野菜などで摂るように心がけよう。


【書誌情報】
『運動効果を最大限に引き出す最強の食事』
著者:/森拓郎

運動している人、これから運動をしようとしている人のために、運動効果を最大限に引き出せる最強の食事法を紹介!ダイエット、ボディメイクなど、最短効率でカラダを変えるために必要な栄養素を5大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質・ミネラル・ビタミン)の解説とともにひも解きます。賢く糖質と向き合い、余分な脂質をカットすることで、誰でも簡単にカラダは変わります。「せっかくやるなら効率よく、時間をかけずにダイエットしたい!」という方必見の一冊です。