SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

天敵ソフトバンクに19戦目で初勝利を挙げた菊池雄星!【プレイバックプロ野球2018】

2018年/ライオンズ検索ランク
1位:菊池雄星

 18年オフ、ポスティングでのメジャー挑戦が決まった菊池雄星。シーズン前から移籍が確実視されており、「ラストイヤー」に注目が集まった。菊池雄星は前半戦は左肩の不調でローテに穴を開けることもあったが、終わってみれば、14勝4敗、防御率3・08の好成績を残し、エースと呼ぶに相応しい活躍を見せた。9月28日にはそれまで18試合0勝13敗と大苦戦していた天敵・ソフトバンクからプロ初勝利。お立ち台では目に涙がにじんだ。しかし、CSでは同じくソフトバンクにノックアウトを食らい、ファンのため息が聞こえてきたことも事実だが……。

 菊池雄星は11月23日のファン感謝祭では、盛大なエールを浴びたが、直前に親知らずを抜いた影響でほっぺたがパンパンに。最後の雄姿が福笑いになってしまった。19年、加入したシアトル・マリナーズでは161.2回を投げ、6勝11敗の防御率5.26。巻き返しが見たい。

2018年/埼玉西武ライオンズ検索ワードランク


※この記事の情報は、主に2018年12月時点での情報を元に作成しております。
※企業向けにマーケティングやコンサルティング業務を行っている「矢野経済研究所 Xビジネス開発室」。野球の練習に注目したスポーツメディア「スポルアップ」協力の元、独自のリサーチ技術を用 いて、ツイッターやブログによる「つぶやき」、2チャンネルなどの各種掲示板への書き込み、グーグル、ヤフーなど各種検索エンジンで検索された回数などを集計。その時点で、ネット上でもっとも注目されているプロ野球選手を導き出しました。

【書誌情報】
『ファンが調べたプロ野球 SNS&検索ワードランキング2018』
データ協力:矢野経済研究所 Xビジネス開発室 刊行:日本文芸社

いま球界で最もバズってるのは誰だ????

プロ野球選手のホントの人気はこれで分かる!!
検索されてこそのスター選手!!
矢野経済研究所 Xビジネス開発室が「プロ野球選手のネット反響度」を独自調査。
ランキングを作成したのが本書だ。

未勝利の投手がネット検索では大躍進????
スーパーエースが検索界ではまさかの無関心????

選手別、球団別、月別などすべてをランキング。
年間総合1位はあの選手!!!!!

ドラフトランキングも作成。
根尾昴VS吉田輝星!! 各チームドラ1のネット検索度は????
そして大阪桐蔭VS金足農。選手権決勝はどう検索された????

大谷翔平の1日ごとのネット検索度まで検証!!
あのサイレントトリートメントの日、ネット、バズり過ぎ!!!!!
球場ランキング、ツイッターフォロワー数ランキング、流行語ランキングなど
プロ野球の何でもかんでもランキング化したこの1冊。

ベイスターズ山崎康晃選手が語るSNS活用法。
ザ・ギース尾関さんのツイッター悲喜こもごも体験記も収録。

オフシーズンは本書を片手にプロ野球を味わいつくそう!!