LOVE SPORTS

夫が頼んだ用事を忘れた時にもイライラしない考え方とは!?【ストレスの話】

Text:ゆうきゆう

親しい相手ほど「性格のせい」にしてしまう

人間には他人の行動の原因を「状況のせい」ではなく「性格のせい」にする傾向があります。みなさんも人が遅刻をしたり、約束を守らなかったりすると「だらしがない」とか「不誠実な人だ」などと思い、相手の性格のせいにしてイライラしたことはないでしょうか。

そうせざるを得ない理由が相手にあったとしても、実際はなかなかそちらへと思考が至らないのです。このような人間の心理は、多くの心理学者によって行われた実験でも実証されています。

そして、こうした思考は家族や夫婦、恋人など、つき合いの深い間柄では特に顕著になります。例えばパートナーがこちらの頼んだ用事を忘れると「いつもボーッとしているからだ」など、性格のせいにして苛立ちます。これは近しい関係ゆえに感情的になり、無意識のストレスをぶつけてしまうからです。

人の行動にイライラしたときは、相手の置かれた環境を思い描いてみましょう。例えば、1日の生活パターンや役割などを冷静に確認します。もしくは「自分が同じ状況ならどうなるか」、相手の立場になってイメージするのです。そうすると、必ずしも性格が原因ではなく、状況に応じて行動した結果ということがわかるはずです。「これなら仕方ない」、そう納得できれば心も軽くなり、むやみにイライラすることも少なくなるはずです。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 ストレスの話』

【書誌情報】
『図解 ストレスの話』
監修:ゆうきゆう

「ストレス社会」といわれている現在、科学や技術の発達で快適になっていく日々の生活とはうらはらに、ストレスからくる心身の不調に多くの人が悩まされています。ストレスの原因は仕事や学校、家庭、SNSなど人によってさまざま。特に最近では、新型コロナウイルスの影響でこれまでの生活様式が大きく変化し、何かと行動も制限されました。それにより、たまったストレスをうまく発散できずに常にイライラしたり、不安感がいつまでたってもぬぐえずあまり眠れなくなったり…また、ストレスは自律神経を乱す原因になるため、放置すると免疫力も下がり、体の不調を招くことになります。本書では、そんな諸悪の根源であるストレスの解消法を医師が解説。そもそも自律神経が乱れるまでストレスをため込まない男女別の考え方と、たまってしまったらすぐに自宅で解消できる方法を、メンタルマネジメントや栄養、運動など実用的な内容で紹介しています。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内