LOVE SPORTS

外で手や腕を骨折してしまった時の応急手当の方法とは?【応急手当ハンドブック】

骨折(手・腕)

骨折すると、強い痛みとともに患部が腫れあがる。出血していたら止血したうえで副木(添え木)をあて患部を固定。すみやかに病院へ。

【症状】
外からの強い力によって本来はひとかたまりである骨のつながりが途絶えてしまう状態を骨折という。手(腕)は転倒時についた際に骨折することが多く、骨折した部位は強い痛みが生じ、腫れあがる。

【応急手当】
①出血していたら止血する
患部から出血していたら、まずは止血をする。
②患部を固定する道具を用意する
骨折の応急手当は患部周辺が動かないように固定することが基本。そのための道具を用意する。要は無理なく固定できればよく、手頃なサイズの板があれば最適。指には鉛筆などでもよい。包帯などの固定する道具も必要である
③患部を固定する(指の場合)
指の骨折が疑われる場合は、鉛筆や割り箸を副木として利用し、包帯などで固定するとよい。
④患部を固定する(前腕の場合)
板や棒を使い、手首が動かないように、手のひら付近と前腕の2箇所を包帯などでとめる。
⑤すみやかに病院へ
自分で行う患部の固定はあくまでも応急手当。骨折が疑われる場合は、すみやかに専門医に診てもらうこと。

出典:『図解 応急手当ハンドブック―アウトドア レスキュー 家庭』

【書誌情報】
『図解 応急手当ハンドブック―アウトドア レスキュー 家庭』

シーン別、ケガや病気・症状別に応急処置の方法がすぐに見つかる!一家に一冊、救急時に必ず役立つ!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内