LOVE SPORTS

シャンクにならない為のクラブフェースの動かし方とは!?

クラブフェースは閉じて→開いて→閉じる

ゴルフクラブが特殊なのは、持っている軸の延長線上に当たる場所がないことです。野球のバットやテニスのラケットなどは持っている軸の延長線上に芯(スイートスポット)がありますが、ゴルフクラブはズレているので、そこに難しさがあるといえるでしょう。

持っているシャフトの軸線とクラブヘッドの重心がズレていると、どういうことが起こるか。構えたときのクラブヘッドがシャフトの上にある状態を意識的に維持しようとしない限りクラブヘッドが倒れてしまうのです。これがシャンクや右へのミスを引き起こし、この特性を理解しないとボールをうまく打つことはできません。

といっても力づくでフェースの向きを維持しろということではなく、そこにはコツがあります。グリップの力は抜いておき、バックスイングでクラブが右に移動するとクラブの先端(トゥ)が重たいのでヒールが先行する形になりフェースはやや左に回転します。そこからダウンスイングで反転して手が左に移動すると遠心力とクラブの重みでクラブヘッドは右に旋回します。つまりフェースが開く挙動と後ろに倒れる挙動が自然に発生するわけです。そして、この切り返しで開いたフェースを意識的に閉じることでフェースがスクエアに戻るのです。

これがスイングにおけるゴルフクラブの基本的な使い方であり、バットのように振ってしまうとダウンスイングでフェースは開く方向に動いてしまいます。ですから、スイング中のクラブフェースは閉じて→開いて→閉じる、と動くことをしっかり理解した上でクラブを振ってください。

【書誌情報】
『ゴルフは直線運動(スイング)で上手くなる!』
著者:三觜喜一

本書の著者は、ゴルフスイングについて「簡単に言ってしまうと直線運動ということ。回転する部分もあるが、直線イメージでとらえることで、スイングはシンプルになる」と言う。そこで、この本では、「スイング=直線運動」に基づいた体の動かし方を学ぶドリルをはじめ、アドレス、グリップ、そしてスイングの具体的な直線動作をわかりやすく解説。また、著者の指導現場で連携しているトレーナーとスイングと体の動きについて対談。スライス、ダフリといったミスショットの具体的な修正法も収録した。