SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

中田翔と共弾!ここ4戦2発&打率.333と原監督が丸佳浩より先に打撃復活に期待寄せる巨人の好打者とは!?

中田翔とアベック弾でここ4戦2発&打率.333のウィーラー

9月23日にマツダスタジアムで行われた広島カープ戦に、「5番・左翼」で先発出場したゼラス・ウィーラーは、4打数1安打1打点1HRと、中田翔、坂本勇人に続きチーム3本目のホームランを放ち、巨人の勝利に大きく貢献した。

6回1アウト走者なしの場面で打席を立ったウィーラーは、広島カープ先発の玉村昇悟の5球目126キロのチェンジアップをうまく捉え、センター方向へ飛んだ打球はスタンドギリギリに着弾する貴重な追加点となった。

13号ソロホームランで、4試合連続安打を記録したウィーラーは、貴重な追加点を奪い、9月初の巨人を連勝に導き、笑顔を見せた。

ここ4戦でウィーラーは、12打数4安打3打点2HR、打率.333で、4試合連続安打を記録し、打撃復調の兆しを見せている。

丸佳浩がなかなか打撃復調の兆しが見えない中、原監督はウィーラーの打撃復活の気配に、大きな期待を寄せている。

9月ようやく初の連勝を飾った巨人にとって、ウィーラーの打撃復活は願ってもない大きなプラス材料だ。

ここからウィーラーが打撃復活を遂げ、巨人を連勝街道へ導くことができるのか注目だ。