SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離UPを実現するサイコースウィングを身につける為の下半身主導の身体の動きを覚える為のドリルとは!?【菅原大地のサイコースウィング】

菅原大地が贈る究極のレッスン/力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

今回は、“サイコースウィング”を実現するためのとっておきのドリルを大特集。このドリルをしっかりやって、自分史上最高の“飛び”を手に入れよう!!

【サイコースウィング実現ドリル5】右ヒジを身体に付けたスウィングで下半身主導の動きをマスター

●身体の回転だけでボールを打つ
下半身主導の身体の動きを覚えることができるドリルです。右腰の高さにクラブを上げ、右ヒジを身体につけて右ワキを締めます。また左手は、右手と離して握り、その左手を右足の付け根に当てます。そしてこの状態でクラブを振ります。ポイントは、右ヒジが身体から、また左手が右足の付け根から離れないようにすることです。

この形で実際にボールを打ってみましょう。動きを覚えたら通常のセットアップに戻し、ドリルでやった下半身の動きをイメージしながらスウィングしてください。下半身主導のスウィングが自然と身に付きます。

【1】右ヒジを身体に付け、右足の付け根にグリップを当てて構える
右ヒジはしっかり身体に付けておき、軽く右ワキが締まるようにセット。


【2】右ヒジ、グリップが身体から離れなければ同調したスウィングになる
右ヒジはしっかり身体に付けておき、軽く右ワキが締まるようにセット。


【3】フォロースルーは中途半端な形で止まってOK。実際にこの形でボールを打ってみよう。


【NG】手を使うと右ワキが開いて右ヒジも離れる
右ヒジが離れると手打ちになり、エネルギー効率が悪くなると同時に、方向性も不安定になる。


コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.12』2月24日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内

オススメ記事