SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離UPの為にそぎ落とすべきスウィングのムダとは!?【三觜喜一のスウィングの原理原則を知ることでゴルフは飛躍的に上達する】

スウィングの原理原則を知ることでゴルフは飛躍的に上達する

一般的なレッスンは、身体をどう動かせばナイスショットが打てるかというものがほとんど。しかし三觜喜一は、「身体の動きに関しては、考えなくていい」という。その真意は?多くの若手プロを世に送り出している三觜が最も大事にしているメソッドを教えてもらった。

【スウィングのムダをそぎ落とす】クラブを速く振るためにはクラブが軽く感じるポジションに上げることも大事

●正しい位置に上がればクラブの重さを感じない
クラブを速く振るためのヒントをもう 一つ教えましょう。それは、ダウンスウィングでクラブを引っ張りやすくなる場所にクラブを上げることです。


その場所とは、クラブを振り上げたと き、クラブが軽く感じられ、ずっと持っていても疲れを感じないところです。このポジションに上げることさえできれば、クラブを引っ張りやすくなってヘッドスピードが上がるほか、ヘッドがボールに向かって勝手に戻るようになります。


一方、少しでも手に重さを感じるところに上げてしまうと、強い力で引っ張らないとクラブが戻ってこないので、その分、エネルギーロスに繋がります。そのためにもインサイドやアウトサイドに上げるのは禁物。軌道に沿って振り上げ、自分が軽いと感じるところを探し、常にそこに上げるようにしましょう。


基本的に身体の動きに関しては何も考えなくていいのですが、唯一身体の回転だけは、間違っていると先に進まないので意識するようにしてください。

出典:『ゴルフレッスンプラスvo.9』

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.10』10月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内