LOVE SPORTS

神社にいる「神主」さんと「宮司」さんはどっちが偉いの?

Text:渋谷申博

宮司は神社のトップ、神主は神職一般

「神主さんと宮司さん、どっちが偉いんですか?」と聞かれることがたまにあります。これはちょっと難しい質問です。「神社で一番偉い方は誰?」と聞かれたのなら、「宮司さんです」と答えられます。「神主さんと宮司さんでは」と聞かれると困るのは、宮司も神主に含まれるからです。「主」とついているので「神社の主」であるかのような印象を受けてしまいますが、実は神主は神職一般を指す言葉なのです。つまり、神職になりたての者もベテランも、同じく神主ということになります。ちなみに、古代では神職一般に対して祝部という呼び方をしていました。

さて、これで神社で一番偉い人が宮司*だということがわかっていただけたと思います。「偉い」というのは最高責任者ということです。会社でいえば社長、お寺なら住職に当たります。神社には、ほかにも役職(職階)があります。宮司を補佐し、主に儀礼を司る禰宜です。禰宜という職階も古代からあり、一番最初に設置したのは伊勢神宮であったようです。規模がさほど大きくない神社であれば、宮司―禰宜―一般の神主という体制で運営がなされますが、規模が大きくなると、これでは間に合いませんので、宮司の下に権宮司 、禰宜の下に権禰宜をおきます。また、まだ神社の職務に慣れていない見習いの者を出仕と呼ぶこともあります。こうした職階とは別に、浄階―明階―正階―権正階― 直階の階位、特級〜四級までの6ランクの身分があり、試験などで進級が決まります。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 神道』
著:渋谷申博

「神道には教義がないって、本当なの?」「八百万の神々の中で一番偉いのは、誰?」「鳥はいないのに、なぜ鳥居というの?」 神道の起源から日本の神様、開運神社のご利益まで楽しくわかる! 古代から伝えられてきた日本の心──神道。その奥深い世界を57項目の素朴な疑問からズバリ解説しす。

公開日:2021.06.29