LOVE SPORTS

宇宙の<スイッチ>が入る?雲の姿で現れる宇宙船クラウドシップとは?

Text:小原里美

宇宙とクラウドシップ

雲の姿で現れる宇宙船を「クラウドシップ」と言います。それは「宇宙連合」と呼ばれる銀河コミュニティの代表者たちが集うグループの宇宙船で、高次元の神様たちや宇宙人、天使、アセンデッドマスターたちを乗せています。目的はアセンションのサポート。なぜなら、地球のアセンションは宇宙全体に影響を及ぼすからです。2010年頃からクラウドシップが写るようになり、それをきっかけにして宇宙の〈スイッチ〉が入った私。かつて宇宙船内で任務を受け、地球に生まれたという記憶を思い出しました。実は、地球人の多くは宇宙由来の魂をもつ「スターピープル」であり、神様ともいえます。このこは、目覚めを迎えると思い出しやすくなります。

 宇宙連合には「アシュタール」と呼ばれる司令官がいます。アシュタールは、金星の生まれで11次元に存在しています。そして、アシュタールによって星の種を宿して地球に転生した存在を「スターシード」と言います

スターシードは、アシュタールの賛同者で地球のアセンションを助け、地球に愛と光をもたらす使命をもっています。スターシード以外にも「ゲートキーパー」や「ガイド」「プロテクター」などがあり、それぞれがとても大切な役割です。自分がどのような役割をもった存在なのか。それを知るにはアシュタールに聞くのが確実です。私は、公式チャネラーであるテリー・サイモンズさんを通して確認をしたところ、スターシードとのことでした。思い起こした宇宙船の記憶からして、やっぱりな……という感じです。

スターシードは、魂に宿した星の種を覚醒させることで本格的に使命に目覚めます。でも、覚醒にはそれぞれのタイミングがあるとのこと。私は、そのときが来るのを静かに待っています。

出典:『空の奇跡を写す はじめての神写』著/小原里美

【書誌情報】
『空の奇跡を写す はじめての神写』
小原里美 著

今日から「神写」はじめませんか? 神写とは「神様たちの姿、エネルギーを写す」という意味。 誰にでもできる、神様とつながる方法です。 今、天と地が近づく時代がやってきています。 神様たちが写真に写るのは、奇跡ではなく当たり前。 それは、神様のエネルギーを写し、自分のパワーを思い出すタイミングでもあります。 神写は簡単に誰でもできますが、撮影にはちょっとしたコツがあります。 本書では、龍や鳳凰、ユニコーン、天使、女神など、 さまざまな神写のご紹介と、神様の姿を写す方法、 現れた神様が自分とどのようなつながりをもつのかを紐解く、ヒントをお伝えします。