LOVE SPORTS

神様の姿をなかなか写せないときに知っておきたい神写を撮るコツとは?

Text:小原里美

神写のコツ③写せない、もひとつのメッセージ

「神写」と言いつつも、神様の姿を写せないときもあります。写せたときは、基本的に神様から撮影許可が下りているときだと思ってください。つまり、何らかの理由で写せないときは見るのはいいけれども、撮影にはNGが出ているということになります。

例えば、手元にカメラもスマホもないとき。シャッターがうまく切れないときも、同じです。建物や木などが邪魔で、見える場所まで移動したらすでに姿を消していたり、海で龍を写そうとしたときに、波のこない場所にもかかわらず急に大きな波が押し寄せて、足下に気を取られている間に消えてしまっていたり……(すべて私の体験談です)。残念に思えるかもしれませんが、そういうときは「存在に気づくだけでいい」ということ。存在に気づく。それだけでエネルギーを受け取っていることもありますよ。

神写のコツ④「エネルギーの塊」を見つけよう

神様は、いろいろな現れ方をします。なかでも、おもしろいな~と思うのがエネルギーの塊から出現する方法です。

はじめは、雲がまるで意思をもつように一箇所に集まり始めます。その雲がどんどん大きくなり、綿あめのような塊ができます。私は、それを「エネルギーの塊」と呼んでいます。

エネルギーの塊は、塊のまま消えることもあります。しかし、ここからエネルギーがあふれ出したときがすごいのです。次々と神様たちが、飛び出してきます。それも、見ている人にご縁のある神様たちが姿を現すのだから、不思議ですよね。

出典:『空の奇跡を写す はじめての神写』著/小原里美

【書誌情報】
『空の奇跡を写す はじめての神写』
小原里美 著

今日から「神写」はじめませんか? 神写とは「神様たちの姿、エネルギーを写す」という意味。 誰にでもできる、神様とつながる方法です。 今、天と地が近づく時代がやってきています。 神様たちが写真に写るのは、奇跡ではなく当たり前。 それは、神様のエネルギーを写し、自分のパワーを思い出すタイミングでもあります。 神写は簡単に誰でもできますが、撮影にはちょっとしたコツがあります。 本書では、龍や鳳凰、ユニコーン、天使、女神など、 さまざまな神写のご紹介と、神様の姿を写す方法、 現れた神様が自分とどのようなつながりをもつのかを紐解く、ヒントをお伝えします。