LOVE SPORTS

こり固まったわき腹を動かす、壁を使った呼吸法とは?【一流が実践する人生を変える呼吸法】

脇腹を伸ばした姿勢

体のサイドの部分(脇腹)は、普段の生活で使用頻度が低いです。本書でポイントとしている肋骨や横隔膜は、脇腹部分にも付いてあるため、ここの筋肉が固いと、横隔膜も固くなっています。

横隔膜を十分に使えるようになるためにも、脇腹を刺激しながらの呼吸はとても大事になってきます。壁を使って側屈をしますが、呼吸法は今までと変わりません。ただ、顔を上に向けたりせずに、正面を向いたまま行うことが動作ポイントです。

こり固まった脇腹を動かそう

①体を側屈させて両手を壁につき鼻から息を吸う
伸ばしたいサイドの手が上を向くように、反対側の手が下になるように壁につく。指先もしっかり上下に伸ばし、鼻から息を吸ってお腹を膨らませる

②顔を動かさずに口から息を吐いてお腹を縮める
動作中は顔を動かさずに行う。口から息を吐いて横隔膜を引き上げるようにお腹を縮めていく

出典:『一流が実践する人生を変える呼吸法』著/宮﨑裕樹

【書誌情報】
『一流が実践する人生を変える呼吸法』
著者:宮﨑裕樹

人間が健やかに生きていくうえで大切な呼吸を整えることで、腹横筋、肩甲骨などの体幹部や臓器を活性化し、ストレッチやトレーニングの効果を飛躍的に高めるメソッドを紹介する一冊。一流のスポーツ選手や数多くの芸能人が、実際に取り組んでおり、健康を高めつつ、ストレスを軽減した生き方のヒントがここにあります。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内