LOVE SPORTS

日本のお金が「円」と呼ばれる理由と「円」の歴史とは?【経済とお金の話】

なぜ日本のお金は「円」と呼ばれるのか?

なぜ、日本の貨幣単位は「円」なのでしょうか。1871年(明治4年)5月に明治政府は「新貨条例」を制定し、江戸時代の通貨単位「両」から「円」に改めたものの、「円」という呼び名の経緯ははっきりしていません。貨幣の形を円形にしたから「円」とか、香港で流通していた通貨の呼び名を模したとか、メキシコから流入した円形銀貨を「洋円」と呼んでいたからだとか、中国の「元」の呼び名に倣ったとか、諸説あるのです。

ところで、この「新貨条例」では、江戸時代に使われていた金貨、銀貨、銭貨などの3貨の四進法(金貨=小判1枚が一両で、1両は4分=16朱)を欧米に倣って十進法に改めました。そして、「金本位制」を採用し、純金1500㎎を1円とし、「円」の100分の1を補助通貨として「銭」と呼び、「銭」の10分の1を「厘」としました。

しかし、明治政府は、発足当初から多額の不換紙幣の発行や1877年の西南戦争の戦費調達で財政難に陥り、インフレにも悩まされていました。しかも、当時のアジアでは、メキシコから流入した銀貨を中心とする「銀本位制」が主流で、「銀」を主体とする貿易取引が多く、日本もそれに従っていたものの、やがて銀の価格が下落し、日本はますます物価上昇に苦しめられます。

1881年に松方正義が大蔵卿に就任し、緊縮財政や増税を断行、不換紙幣を回収し、82年に日本銀行を設立、84年から兌換銀行券条例を施行し、ようやく「円」の通貨体制は整えられます。ただし、日本は金が乏しく、1897年の日清戦争勝利で賠償金を獲得し、そこでようやく1円を純金750㎎(従来の半分)で兌換するという本格的な「金本位制」を確立するに至るのでした。

出典:眠れなくなるほど面白い 図解 経済とお金の話

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 経済とお金の話』
神樹 兵輔 著

日本社会をとりまく環境は日々変化を続けています。特にここ数年、令和の時代に入って、日本も世界も大きな変化が起こっています。日本の経済を知ることはイコール「世界や社会の今」を知ることにもなります。本書は〝経済のことは難しくてよくわからない〟というような人たちに向け、最低限知っておきたい経済の基本を身近なテーマと共に解説、読み解く一冊です。行動経済学から、原価や流通や利益のしくみ、生活に密着した経済の疑問や問題点など、いま知っておきたい経済やお金のことを、図とイラストでわかるやすく解説していきます。経済のしくみや原理原則を理解しないまま日常生活を過ごしていると損をしてしまうことになってしまいます。賢く今の世の中を生き抜くためには、世の中の動きやそこに潜む経済のメカニズムを理解することは必要不可欠なものです。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内