LOVE SPORTS

劉備、関羽、張飛が登場!義兄弟の契りを結ぶ【三国志】

三国志の主役たちが続々登場

立て札をじっと見つめていた一人の男。身の丈七尺五寸(中国の一尺は二三センチ)、肩まで垂れた両耳に両手が膝下まで届き、顔白く、紅をさしたような唇、まさに異体異貌の人であった。

姓は劉、名は備、字(あざな)は玄徳と。彼は前漢の中山靖王劉勝の後裔で、景帝の玄孫だったが、このときの境遇は涿郡涿県でのしがない草(わらじ)鞋売り。その草鞋売りが、立て札を食い入るように見つめて溜息をついた。

と、背後から破れ鐘のような大音声。「国家存亡の一大事に、溜息をつくとは何事か!」。声の持ち主は、身の丈八尺、頭は彪のごとくに真ん丸い目ん玉、顎には虎ヒゲをたくわえた偉丈夫だ。

名をたずねると、姓は張ちょう、名は飛ひ、字は翼徳。祖先代々、涿郡に住み、田地田畑を持ち、商いをしながら天下の豪傑と交わりを結んでいるという。

劉備も出自を述べ、「黄巾賊が国を荒らしまわっているというのに、民を救うべき力がない。それで溜息をついていたのだ」と嘆くと、張飛は「多少の財ならある。それで近隣の暴れ者を集めて、共に黄巾討伐の旗揚げをしようではないか!」と怪気炎で応じる。劉備も得たりや応、だ。

一瞬の呼吸が二人を惹きつけ合い、さっそく居酒屋で前祝いの酒盛りが始まる。そこに現れたのが、身の丈九尺、顎ヒゲの長さ二尺、熟した棗(なつめ)のような赤ら顔に紅唇、鳳凰の目に蚕が引っ付いたような眉、態度は威風凛々、まさに豪傑そのもの、雲を突く巨漢だ。

劉備は巨漢を招いて名を問うと、姓は関、名は羽、字は雲うん長ちょう、河東郡解良県の出だが、ここには義勇軍に加わるためにやってきたという。

劉備も張飛との思いを打ち明けると、志が一つに重なった三人は大いに感奮し、「わが家の裏には桃園がある。いまが満開だ。明日、そこで天地の神々を祀て、われら三人、義兄弟の契を結ぼうではないか!」と、張飛は熱血を滾たぎらすのである。

劉備や関羽に異存があろうはずはない。三人はさっそく翌日、桃園に供え物をととのえ、香を焚て天地神に再拝九拝、誓いの言葉を音吐朗々と唱和した。

「われら劉備、関羽、張飛は、姓を異にするとはいえ、ここに義兄弟の契りを結んだ。以後、三人は一心にて合力し、虐られし者を救い、危機に瀕した者を助け、上は国家に奉仕し、下は民に安寧を与えたい。われらは同年同月同日に生まれずといえども、共に同年同月同日に命を全うすることを願う。天神地祇の神々よ、われらが思いを御覧あれ……」

誓い終えると三人は、劉備を長兄、関羽を次兄、張飛を末弟と定めて痛飲し、機鋒を黄巾賊に向けて酔い痴れたのだった。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 三国志』
著:澄田 夢久 監修:渡邉 義浩

シリーズ累計発行部数160万部突破の人気シリーズより、「三国志」について分かりやすく解説した一冊。魏・蜀・呉、三国の興亡を描いた『三国志』には、「桃園の誓い」「三顧の礼」「出師の表」「泣いて馬謖を斬る」など心打つ名場面、また「水魚の交わり」「苦肉の策」「背水の陣」「髀肉の嘆」など名言や現代にも通じる格言も数多く登場する。また、曹操、劉備、孫権、孔明、関羽、張飛、趙雲、周瑜、司馬懿など個性豊かで魅力的な登場人物に加え、官渡の戦い、赤壁の戦い、五丈原の戦い等、歴史上重要な合戦も多い。英雄たちの激闘の系譜、名場面・名言が図解でコンパクトにすっきりわかる『三国志』の決定版!

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー