LOVE SPORTS

董卓ついに誅殺される!【三国志】

Text:澄田 夢久

貂蝉が董卓と呂布の中を裂く

王允の策略を知らされた貂蝉は、「旦那さまの憂いのご様子に心を痛めておりました。わたくしでお役に立つことがあらば、万死も厭いといませぬ」と言う健気さ。王允は貂蝉の手を取り、「すまぬ」と一声、感涙に咽むせぶのである。

王允の巧みな手筈で貂蝉は、呂布を虜にし、董卓を籠絡する。董卓は、貂蝉を日も夜も離さず、政務など顧みぬていたらく。貂蝉は、呂布に董卓の愛撫を苦しみとして、ハラハラと涙をこぼして見せる。嫉妬は何よりもの力の原泉か。時は至れり。王允は呂布に、「漢王朝に力を貸せば温侯(呂布)は忠臣、董卓に力を貸せば逆臣」と唆そそのかし、ついにその日がやってくる。

「献帝が董太師に帝位を譲りたいので参内されたし」との詔を信じた董卓が入朝するや、百人もの近衛兵が討ちかかってくるではないか。逃げる董卓は「奉先(呂布の字)はいずこぞ!」と助けを呼ぶ。

呂布は姿を現すが、「丞相は逆賊だ。詔をもって賊を成敗する!」と一声発するや、方天画戟は董卓の喉を刺し貫いた。董卓の腰巾着、李儒も当然のごとく処刑だ。董卓配下の李傕、郭汜、張済、樊稠は「董卓、誅殺」の報に接すると、ただちに軍を率いて拠点の涼州を目指して遁走する。初平三年(192)四月のことだった。

王允は、董卓の首と胴体を長安の街に晒したが、番卒の兵が董卓の臍へそに灯芯を差して火を灯すと、翌日まで消えない。脂肪さえも地面に流れ出た。董卓の肥満ぶりが偲ばれよう。

呂布は貂蝉をわがものとして満足の限り。王允はその呂布と皇甫嵩に命じて董卓一族を皆殺しにする。中国では首領が討たれると、一族も皆殺しにされる。なかなか酷薄な始末となるのである。

哀れなのは、大学者の蔡邕だった。董卓が蔡邕の高名を尊び、招聘して厚く遇した。蔡邕は、董卓の死につい慟哭する。それをもって王允は、「逆賊董卓の死を悲しむとは、お前も逆賊か」と咎め、「董卓の非道は憎んでいるが、いっとき知遇を得たので死に涙した」との蔡邕の弁明も聞かず、捕らえて獄死させたのである。

だが、王允の絶頂もいっときの事。逃亡した李傕、郭汜らが長安に上表し、恩赦を求めたが、王允は、「これらの者は董卓を助けて朝廷をないがしろにした。いま天下に大赦令が発布されたが、この四人だけは許すわけにはいかぬ」と一蹴する。

それを知った謀士の賈詡が、「許されぬなら長安に攻め込んで、董卓どのの仇討ちをするべきだ」と言う。賈詡の建言を諾した李傕、郭汜、張済、樊稠は一転、長安に攻め寄せる。呂布が奮闘するも敵わず、敗残の兵、百騎余りを率いて飛ぶように南陽郡の袁術のもとに逃げ込んだ。

だが、王允は逃げるのを善しとせず、とどまって討たれるのである。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 三国志』
著:澄田 夢久 監修:渡邉 義浩

シリーズ累計発行部数160万部突破の人気シリーズより、「三国志」について分かりやすく解説した一冊。魏・蜀・呉、三国の興亡を描いた『三国志』には、「桃園の誓い」「三顧の礼」「出師の表」「泣いて馬謖を斬る」など心打つ名場面、また「水魚の交わり」「苦肉の策」「背水の陣」「髀肉の嘆」など名言や現代にも通じる格言も数多く登場する。また、曹操、劉備、孫権、孔明、関羽、張飛、趙雲、周瑜、司馬懿など個性豊かで魅力的な登場人物に加え、官渡の戦い、赤壁の戦い、五丈原の戦い等、歴史上重要な合戦も多い。英雄たちの激闘の系譜、名場面・名言が図解でコンパクトにすっきりわかる『三国志』の決定版!