LOVE SPORTS

「赤壁の戦い」三国志史上最大の戦争へ!【三国志】

Text:澄田 夢久

周瑜、諸葛亮の鬼謀を怪しみ、除かんとす

周瑜は二世三公の揚州きっての名門だ。周瑜の発言は大きな力を持つ。権力を増幅させていた曹操から人質を出すように迫られたときも、孫権は母の前で周瑜の言う通りに拒絶した。孫権の母はすでに没したが、生前は「周瑜は実の子と同じ」と愛情を注ぎ、孫権に周瑜を兄のごとくに敬い、意見に従うようにと勧めたほどの人物だった。

さて、その周瑜は、「曹操は百万の大軍と豪語しているが、実態は中原の軍は十五、六万。袁氏の軍勢を手に入れたといっても七、八万ほどで、多くは曹操を疑い逡巡している。それも戦い続きで疲弊しきっている。この周瑜に五万の兵を預けてもらえるなら恐れるに足らない」と孫権を鼓舞し、ただちに兵を進発させた。呉軍の主力もまた中護軍の周瑜が率いていた。

韓当と黄蓋に本隊軍船の指揮を取らせて三江口まで舟航させ陣営を築かせる。また、蒋欽と周泰に第二軍、凌統と潘璋に第三軍、呂蒙と太たい史慈に第四軍、陸遜と董襲に第五軍を任せ、呂範と朱治を四方巡警使に任じると、水軍と陸軍を同時に急進させて期日を決めて集まるように命じた。

この間、周瑜は、諸葛亮の鬼謀を怪しんでいた。兄諸葛瑾が孫権の幕閣にあったことで、諸葛瑾に説得させて諸葛亮を孫権に仕えさせようと謀ったが、諸葛亮の「〝義〞によって劉皇叔(皇帝の叔父)に仕えている」との拒否で失敗。周瑜は、ますます諸葛亮を警戒し、生かしておいては呉のためにならぬ、誅殺すべきとの恣意を強める

翌日、周瑜は船団を組んで程てい普ふ と魯粛を伴い、諸葛亮にも同行を誘って夏口を目指した。船団は三江口から離れること五、六十里に停泊。周瑜は、諸葛亮を招いて曹操の糧道を断つように申し入れる。諸葛亮は、これは自分を曹操に殺させようとの策謀であることを見抜くが、素知らぬ顔で請け合う。

諸葛亮は、魯粛が様子を見にくると、周瑜に注進することを見越して、「周瑜は、水戦しか能がない」とこき下ろす。これを魯粛から聞いた周瑜は、烈火のごとく怒り、「陸戦に能がないかどうか見せてくれん。自分が曹操の糧道を断つ」と息巻く始末。自尊心の強すぎる男は、否定されるとわれを忘れるのだ。

後刻、諸葛亮は「いまは呉侯と劉使君が心気一つにして曹操にたち向うとき。周公瑾どのは私を殺さんと謀ったので、からかっただけ」と魯粛に弁明。

周瑜は「あいつを殺さなければ、のちのちわが国の禍いとなる」と地団駄踏んで悔しがる。だが、魯粛の「孔明の言うように、いまは共に曹操とたち向うとき。曹操を破るのが先決。殺すのはそれからでも遅くはない」との一言で、ようやくわれに返るのだった。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 三国志』
著:澄田 夢久 監修:渡邉 義浩

シリーズ累計発行部数160万部突破の人気シリーズより、「三国志」について分かりやすく解説した一冊。魏・蜀・呉、三国の興亡を描いた『三国志』には、「桃園の誓い」「三顧の礼」「出師の表」「泣いて馬謖を斬る」など心打つ名場面、また「水魚の交わり」「苦肉の策」「背水の陣」「髀肉の嘆」など名言や現代にも通じる格言も数多く登場する。また、曹操、劉備、孫権、孔明、関羽、張飛、趙雲、周瑜、司馬懿など個性豊かで魅力的な登場人物に加え、官渡の戦い、赤壁の戦い、五丈原の戦い等、歴史上重要な合戦も多い。英雄たちの激闘の系譜、名場面・名言が図解でコンパクトにすっきりわかる『三国志』の決定版!

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー