LOVE SPORTS

清潔なガーゼやハンカチなどで傷口を直接抑える止血の基本の方法とは?【応急手当ハンドブック】

止血(直接圧迫法)

出血している部位を直接手で圧迫して止血する。感染症を予防するために防止のためにゴム手袋やビニール袋を使う。ある程度出血が治まってきたら、包帯を巻いてもよい。

【直接圧迫法による止血】
①出血箇所にガーゼやハンカチをあてる
出血しているところに清潔なガーゼやハンカチなどの布をあてる。
②うえから強くおさえる
強めにおさえて止血。そのまま救急車を待つか、病院へ。傷口を心臓より高い位置にしたほうが出血は早くとまる

【包帯を使った直接圧迫法による止血】
①出血箇所にガーゼやハンカチをあてる
出血しているところに清潔なガーゼやハンカチなどの布をあてる。
②包帯を巻く
あてた布を押さえ込むように包帯を巻く。必要以上に患部を圧迫しない

患部ではなく、関節や血管のとおりみちを押さえる「間接圧迫法」は神経や血管を損傷する可能性もあるので、なるべく用いず、直接患部を圧迫して止血するのが基本。

出典:『図解 応急手当ハンドブック―アウトドア レスキュー 家庭』

【書誌情報】
『図解 応急手当ハンドブック―アウトドア レスキュー 家庭』

シーン別、ケガや病気・症状別に応急処置の方法がすぐに見つかる!一家に一冊、救急時に必ず役立つ!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内