LOVE SPORTS

日本も武器を輸出する国になるの?【地政学の話】

Text:荒巻豊志

韓国の武器輸出は10年で12倍以上

現在、世界で最も武器の輸出量が多いのはアメリカです。サウジアラビアをはじめとした98か国を相手に輸出をしています。

アジアだけに絞ると中国がダントツの1位ですが、韓国がその勢いを伸ばしており、2006年から10年で武器の輸出量が12倍以上に急増しています。

2001年にインド、2014年にポーランド、2017年にフィンランドと輸出契約を結びます。たしかに兵器の性能を疑問視する声もあるのですが、導入を考えている国は後を絶ちません。

ターニングポイントは安倍内閣の「防衛装備移転三原則」

日本は1967年に佐藤栄作内閣総理大臣が①共産圏②国連決議で禁止された国③国際紛争の当事国や恐れのある国に武器輸出を認めないとする「武器輸出三原則」を表明しました。

しかし2014年に安倍晋三内閣が武器輸出は原則禁止から条件を満たせば認める「防衛装備移転三原則」を閣議決定します。

この背景にあるのは、中国の軍事力拡大です。中国を警戒する諸国と手を結び、中国の軍事力を抑止したい狙いがあるのです。

基本的に日本が製造する兵器は、国内の自衛隊向けでした。しかし2015年5月に横浜で開催された海洋防衛およびセキュリティの総合展示会「MAST ASIA 2015」に日本のメーカーが出展した海上自衛隊の最新鋭潜水艦「そうりゅう」の導入を、オーストラリアが検討しているともいわれます。

日本の軍事産業は国内全体の1%にも満たない状況ですが、世界の軍事マーケットに割り込む準備は着々と進みつつあるのです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 地政学の話』
著:荒巻 豊志

シリーズ累計発行部数150万部突破の人気シリーズより、「地政学」について分かりやすく解説した一冊。「地政学」とは、地理的な条件が国家の政治、経済、軍事に与える影響を研究する学問。歴史的背景も関わり、国内・世界中で起こっている諸問題解決の糸口となる、まさに現代に最も必要な知識である。ニュースではよくわからない国際情勢と世界で起こっている現状が見えてくる!