LOVE SPORTS

神社の境内のなかにあるものとは?【神社の話】

神社の境内には何があるの?

お寺に比べて神社は見所が少ない*と思っていませんか。実は筆者もそうでした。しかし、それは誤解です。正しい知識をもって眺めてみれば、見所がいっぱいあることがわかるはずです。宗教建築・美術として興味深いだけではなく、地域の歴史や文化もそこから読み解くことができるのです。以下に一般的な神社の境内で見られるものの説明をしますが、鳥居と社殿が1つだけの小さな神社でも意外な発見があったりするものです。見た目の大小にとらわれず、まずはお参りしてみてください。そして、その境内には何があるのか、よく観察してみてください。では、一般的に神社には何があるのでしょうか。

参拝のルートに沿って説明していきましょう。まず、神社を訪れて最初に目にするのは鳥居です。鳥居は神社のシンボルであり、境内と俗世との境界を示す結界であり、参拝者を参道に誘う聖なる門でもあります。鳥居については第11項でくわしく述べます。参道の入り口から一の鳥居、二の鳥居と鳥居が続きますが、神社によっては門も建っていることがあります。これを神門といいます。2階建てのものは楼門ともいいますが、正確には2層目(最上部)のみに屋根があるのが楼門で、1層にも屋根があるものは二重門といいます。神門の両脇間には、お寺の仁王のように、神社を守る神様(随身・随神)の像を安置することがあります。このような門は随身(神)門とも呼ばれます。

境内に入ってすぐの場所に手水舎(「てみずや」ともいう)があります。参拝の前に手と口を清めるところです(第13項参照)。参道の脇には神楽殿(舞殿ともいう)が建てられていることもあります。本殿のご祭神に芸能を捧げるための施設です。

参道の真ん中に建てられていることもありますが、この場合は拝殿も兼ねていますので舞拝殿といいます。本殿のご祭神に捧げるのですから、舞拝殿のように本殿に相対する位置にあるのが本来の姿でしょう。しかし、神楽などの芸能は参拝者たちも楽しみにしているものなので、神様も参拝者も見えるようにと、参道脇の位置が選ばれることが多いのです。本殿の前で演じる場合は、神様に向かって演じますので、参拝者は演者の後ろ姿を見ることになってしまうからです。

そして、参道はご祭神が鎮座する本殿とその前に。建つ拝殿に行き着きます。本殿と拝殿については次項で説明します。神社の境内にあるのはこれだけではありません。拝殿の前には狛犬が一対控えていて、境内を守っています。稲荷神社ではキツネの像ですが、これは神様のお使い(神使)です(第12項参照)。参道の脇や本殿の周辺には、小さな社やしろが建っていることが一般的です。これを摂社・末社といいます。

摂社と末社の区別には厳密な決まりはありませんが、摂社の方が大きく、本殿のご祭神と関わりのある神*が祀られていることが多いようです。なお、境内の外にある摂社・末社を境外摂社・境外末社といいます。神職が事務などを行なう建物は社務所といい、神札などの授与所を兼ねることもあります。神社によっては絵馬殿といって古い奉納絵馬を飾っている社殿があったりします。このほか石灯籠、さまざまな記念碑、境内を囲う瑞垣なども要注目です。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 神社の話』
著: 渋谷申博

「神社には、どんな神様がお祀りされている?」「鳥居や狛はどんな意味がある?」「犬や猫の神社があるってホント?」 素朴な疑問で神社のディープな魅力がわかる! 知っておきたい神社のキホンから、イザナギ、イザナミ、アマテス、スサノオ、オオクニヌシなど、神社に祀られている祭神のこと、お祭りと神社の関係まで、神社と神様まつわる知識をイラスト・図とともにやさしく解説ました。金運や縁結び、長寿など、さまざまな願いをかなえる最強の開運神社も紹介。超絶景の神社もわかります。神社のキホンを知れば、神社参拝が楽しくなる! 神社巡りのお供に最適。ユルくてかわいいイラストもお楽しみください。