LOVE SPORTS

出雲の神でもある英雄神「スサノオ」のひみつとは?【神社の話】

スサノオ

アマテラスの天の岩屋隠れを引き起こしたスサノオは、賠償をさせられたうえ、ヒゲを剃られ手足の爪を抜かれて、地上へ追放になります。そして、降り立ったところが出雲の斐伊川の上流でした。その川に箸が流れてきたのを見たスサノオは、川上に人が住んでいるのだろうと思い、そこへ向かいました。すると、そこには娘を間にして泣いている老夫婦がいました。聞くと、ヤマタノオロチという頭が8つある怪物が毎年やってきて娘を食べていくのだが、今年はこのクシナダヒメの番なので泣いていると言います。

これを聞いたスサノオは、クシナダヒメを妻に迎えることを条件に、ヤマタノオロチの退治を申し出ました。スサノオは門が8つある柵をつくらせ、その門ごとに酒を入れた桶を置いて待ち伏せをしました。そして、ヤマタノオロチが酔い伏したところで斬り殺したのです*。約束を果たしたスサノオは須賀という地に宮を建て、クシナダヒメと暮らしました。出雲の八重垣神社・須賀神社は、そのゆかりの地に鎮座しているとされます。

出雲神話でもっとも重視されるオオクニヌシは、スサノオとクシナダヒメの子孫とされます。何代後なのかは『古事記』と『日本書紀』で異なり、『古事記』では6代後としています。こうして出雲に宮を構えたスサノオでしたが、最終的には当初の目的地であった根の国へ赴おもむき、オオクニヌシの神話では、根の国の王として登場してきます(次項参照)。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 神社の話』
著: 渋谷申博

「神社には、どんな神様がお祀りされている?」「鳥居や狛はどんな意味がある?」「犬や猫の神社があるってホント?」 素朴な疑問で神社のディープな魅力がわかる! 知っておきたい神社のキホンから、イザナギ、イザナミ、アマテス、スサノオ、オオクニヌシなど、神社に祀られている祭神のこと、お祭りと神社の関係まで、神社と神様まつわる知識をイラスト・図とともにやさしく解説ました。金運や縁結び、長寿など、さまざまな願いをかなえる最強の開運神社も紹介。超絶景の神社もわかります。神社のキホンを知れば、神社参拝が楽しくなる! 神社巡りのお供に最適。ユルくてかわいいイラストもお楽しみください。