LOVE SPORTS

『土星丘(勤勉の丘)』の意味とは!?【手相の教科書】

「丘」を見る

手のひらには、「丘」と呼ばれる部分があります。わかりやすいところでは、手のひらを見た時にそれぞれの指のつけ根付近のふくらみが「丘」です。

丘は「木星丘」「土星丘」「太陽丘」「水星丘」「月丘」「金星丘」「第一火星丘」「第二火星丘」の8つの丘に分けられ、それぞれの丘には意味があり、その意味を覚えることが手相術をマスターする上でとても重要になります。

手のひらの真ん中部分は少しへこんでいると思いますが、その部分は「火星平原」と言います。手首付近にあり、ちょうど金星丘と月丘の真ん中に位置する場所を「冥王星国」と言います。

なぜ星の名前? と思う方もいるかもしれませんが、手相学は占星術との関係性が深く、そのため各丘に星の名前がつけられています。また、手は宇宙からのエネルギーを吸収するところでもあるので、星との関連性を一層強めていると考えられます。

【土星丘】勤勉の丘

場所:中指のつけ根部分
意味「忍耐・持久力・研究心・冷静・慎重・哲学・思慮深い・孤独・分別・信仰」

この丘が発達している人は、一言で表現すると「まじめ」な人です。勤勉家で何事もまじめに忍耐強く取り組み、仕事に対する責任感も強いので、大切な仕事などを安心して任せられる人です。

孤独を愛するタイプでもあり、自分一人の世界(自室・研究室・作業場など)でコツコツと時間をかけて何かを完成させるようなことに能力を発揮します。忍耐強く研究熱心であることから学者・研究者・芸術家・宗教家・作家・発明家・農業・クリエイターなどに向いています。

また、この土星丘に強く出る縦線(運命線)がある人も土星丘の意味を強めます。情報や流行の変化の早さや結果をすぐに求められることの多い現代では多少生きにくいところがあるかもしれませんが、そういう時代だからこそ、ひとつのことに時間をかけて追求していく土星丘の意味を強く持った人の存在が必要だと思います。

丘の位置

【書誌情報】
『新版 手相の教科書』
著者: 青木智

手相は占いだと思いますか?手相は占いではなく統計学の一つだと著者の青木智さんはおっしゃいます。手相を見るにはスピリチュアルな力は必要なく、線の見方やその線の解釈という「知識」を身に付けることができれば、誰でも鑑定できるようになります。そして、手相が見られるようになれば「過去の自分に癒し」を、そして「未来の自分にハッピーを」もたらすことができます。手相の見方を覚えて、素晴らしい自分を発見し、自信を持って輝く先の人生を歩みましょう。そして、身の回りにいる大切な人たちに幸せを導きましょう。この本を手に取っていただくことで、きっとあなたにハッピーが訪れるはずです。※本書は2015年8月に(株)アルマット社から発行された『手相の教科書』を再編集し刊行しています。