SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

「世界の王」が現役だったら?

世界の本塁打王の年俸は測定不能!?

通算868本塁打、本塁打王15回など、残した記録は天文学的。当然、世界の王貞治が「今」プレーしていたら、その年俸も天文学的数字に上るはずだ。

王は1959年、早稲田実業から契約金1800万円、年俸144万円で巨人に入団。高卒新人としては当時破格の金額だったが、現在であれば当然年俸上限の1500万円……と言いたいところだが、いくら甲子園優勝投手でも前年入団の長嶋茂雄と同額はさすがに……。という配慮から、ここでは1300万円に設定してみる。

王の「覚醒」はプロ4年目、38本塁打を放った62年だが、実はそれまでの3年間も高卒選手として考えればそれなりの成績を残している。1年目は7本塁打、2年目には17本塁打、3年目には13本塁打。実はこの数字、西武の森友哉の数字と酷似しており(森は1年目から6、17、10本)、妄想年俸額も森の年俸を参考に設定している。

プロ4年目には前述の通り38本塁打で本塁打王を獲得。実際の年俸はこの年が400万円、翌年が700万円と、思いのほかアップ率は高くない。とはいえ、現在であれば3倍増は固いところ。5年目にして1億円プレーヤーの仲間入りと想定してみる。

そして、王貞治の成績はこの年を境に「異次元」の領域に突入する。翌63年は40本塁打、64年は日本記録(当時)の55本塁打。こうなると、年俸は毎年倍増クラスでなければ追い付かない。高卒7年目にして、現在であれば4億円は固いだろう。ここからは当たり前のように本塁打王を獲得し続けるため、年俸もキリよく4、5、6億と1億ずつ上乗せ。これでも足りないくらいだが、いくら巨人でもお財布に限界はある。

王貞治 年度別成績&年棒

王貞治がFAを取得したら・・・

そして67年、王貞治はプロ9年目を迎え、現在であれば海外FA権を取得することになる。当然、巨人はこの年以前からFA権取得を視野に、複数年契約の打診を行うはず。しかし、王の性格を考えると「1年勝負」を選択する可能性は高いだろうし、ファンもそうあってほしいと望むだろうから、単年契約で想定させてもらった。

ただ、実際にFA権を取得すれば話は別。メジャー、他球団への流出を避けるために、巨人は「王貞治の価値」にどれだけの金額提示をする必要があるのだろう。巨人にとってはタイミング悪く(?)、この年も王は打率・326、47本塁打、108打点で4年連続の二冠王を獲得。現在の野球界でこのレベルの成績を残している選手はいないため、もはやだれかを参考にすることもできない。日本プロ野球史上で最高、最長の複数年契約は、松中信彦の7年総額45億円(出来高込み)。

しかし、王はこの時点で高卒9年目。年齢も27歳とまだ若い……。そこで、本誌がはじき出した契約総額は、「10年総額100億円」だ。

はっきり言って、この金額は現在の野球界で考えても非現実的。しかし、王の記録もまた「非現実的」な数字であるため、「王貞治なら総額100億円くらい払わなきゃダメだろう!」という直感のもと、設定させて頂いた。

「メジャー行き」はあえて想定せず、巨人残留で考えさせていただく。国内他球団を見渡してもこの金額を払えそうなのはソフトバンクくらい。現在の王貞治なら考えられるが、現役時代の王は福岡とは無縁の人。あえていうなら「台湾が近い」くらいだが、それだけでは交渉材料にはならない。

さて、「仮想FA残留」以降の王の成績だが、衰えるどころかさらに凄みを増していく。プロ4年目から続く連続本塁打王の記録は16年目の74年まで伸び、1年空けて76年には49本塁打、77年には37歳にして自身3度目のシーズン50本塁打を記録。こうなると、10年契約はむしろ「短かった」と考えたくなる。巨人としても100億円のもとは十分とったと考えていいだろう。

契約満了を迎え、さて、困るのはここから。通常、ほとんどの選手は超大型契約を終えるころには現役晩年に差し掛かっており、成績も下降しているケースがほとんど。それが、契約最終年に50発も打たれたのでは、年俸を下げるわけにはいかない。

年齢も考えると、単年計算では年俸アップで、契約年数を抑えるというのが、現在の野球界の定石だ。

そう考えると2年では短く、4年では長い……。ということで、ここは3年総額36億円を設定。

それでも、「全盛期の阿部慎之助2人分」と考えれば、納得できる数字(?)。王はその後、40歳となった80年に30本塁打を放ちながら「王貞治の打撃ができなくなった」とユニフォームを脱いだ。妄想生涯年俸は実に155億円超え。まさに「世界の本塁打王」の名に恥じぬメジャー級の数字だ!

(初出「がっつり!プロ野球」17号 本誌編集部)