SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】2戦連続打点!原監督が理想の攻撃と絶賛した初回の攻撃を完成させたのは!?

2試合連続打点をマークした吉川尚輝

5月12日に横浜スタジアムで行われたDeNAベイスターズ戦で、吉川尚輝は3打数1安打1打点と3号ソロホームランを放った前日11日に続き、2試合連続打点をマークする活躍を披露し、打撃好調をアピールした。

2点を先取した初回2アウト1、2塁のチャンスの場面で打席に立った吉川尚輝は、DeNAベイスターズ先発の濱口遥大の5球目スライダーを捉え、ライトへのタイムリーヒットを放った。

3号ソロホームランを放った前日11日に続き、2試合連続打点をマークした吉川尚輝は「チャンスだったので打てて良かった」。と振り返った

右手母指(親指)末節骨の骨折で離脱した坂本勇人に代わり、2試合連続で遊撃手として先発出場した吉川尚輝は、追い込まれた後も、低めのボールゾーンに沈む変化球をきっちりと見送り、甘く浮いてきた変化球を逃さず捉える打撃を披露し、打撃の調子の良さを伺わせている。

坂本勇人不在のピンチをチャンスに変える為、吉川尚輝は「打たないと試合に出られない。積極的に自分らしくやっていこうと思っている」。と自慢の守備だけでなく、打撃でもしっかり結果を残し、レギュラーを奪取しようと闘志を燃やしている。

吉川尚輝が完結させた初回の3点を奪う原監督納得の攻撃のような、ここぞの場面で1本が打てる坂本勇人のようなチャンスに強いバッティングを見せ続けることができれば、吉川尚輝のレギュラー定着が現実味を帯びてきそうだ。