SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】本日セ断トツの首位打者誕生!佐野恵太&菊池涼介を追い抜き突如現れる好打者とは!?

本日セ断トツの首位打者となるウィーラー

6月20日に阪神甲子園球場で行われた阪神タイガース戦に、「2番・一塁」で先発出場したゼラス・ウィーラーは、4打数1安打と3試合連続安打を放ち、巨人の勝利に貢献した。

6回、松原聖弥が先制の2ランホームランを放った直後の1アウト走者なしの場面で打席に立ったウィーラーは、阪神タイガース先発の秋山拓巳の2球目126キロのカットボールをレフトへ弾き返し、3試合連続安打を放った。

この試合もヒットを放ち、3試合連続安打中のウィーラーは打率.337と高打率を残しているが、現在の打率ランキングに名を連ねていない。

現在のセ・リーグ打率ランキングは、1位/佐野 恵太(DeNAベイスターズ).31417、2位/菊池 涼介(広島カープ).31415、3位/ビシエド(中日ドラゴンズ).304となっており、打率.337のウィーラーは間違いなく首位打者なのだが、規定打席に到達しておらず、ランキングにはまだ名前がない。

規定打席は消化試合数の3.1倍というルールとなっており、6月20日の試合を終えた段階で巨人の消化試合数は67試合で、67×3.1=207.7となり、208打席が規定打席となる。

しかし、ウィーラーは20日の試合を終えた段階で207打席と1打席規定打席に届かず、打率ランキング登場はお預けとなった。

そして、本日21日の試合を終えた段階で規定打席は211打席となる為、今日の試合でウィーラーが4打席立てば、首位打者に一気に躍り出る。

本日22日のDeNAベイスターズ戦で、4打席を終えた段階で、打率.337よりさらに上げて、首位打者に躍り出ることができるか注目だ。