SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

子どものころは華奢な1番バッター!柳田悠岐

Text:花田雪

スーパースターの少年時代

あの怪物選手の子どものころの逸話を大公開!

野球に詳しくないような人でも名前くらいは知っている……。そんな“超有名”プロ野球選手の少年時代のエピソード!

2020年5月、宝島社から『あのプロ野球選手の少年時代』という本を出版した。「名は体を表す」というが、その内容はタイトルそのままだ。侍ジャパンやメジャーリーグでも活躍する「超一流」のプロ野球選手たちは小学生、中学生だった頃、どんな子どもで、どんな野球選手だったのか……。本人や当時の指導者に話を聞くと、想像とはちょっとだけ違った姿が浮き彫りになった。

小柄で非力だった小学生時代の柳田悠岐

柳田悠岐(ソフトバンク)

怪物ぞろいのプロ野球選手の中でも、圧倒的な身体能力とフィジカルで「規格外」のパフォーマンスを見せるソフトバンクの柳田悠岐。今季はケガに苦しんだ昨季のうっ憤を晴らすかのように開幕から爆発。「え?その打ち方でスタンドインするの?」といった驚異的な打球を放っても、もはや「柳田だから仕方ないか」と思わせるレベルにまで達している。

プロの中でもそのパワー、フィジカルはトップオブトップ。子どものころはどんな怪物だったのかと思いきや、小学生時代の彼は今とは全く違うタイプの野球少年だった。広島県出身の柳田少年は、小学3年生で地元の軟式チーム・西風五月が丘少年野球クラブに入団。本人、そして当時の指導者が揃って口にしたのは「体が小さく、非力で足の速いリードオフマンタイプ」だったということ。

いまでこそ身長188センチ、体重96キロという日本人離れした体格を誇る柳田だが、小学生時代は「1学年下の子どもたちと同じくらいの体格」だったという。全力でフルスイングする姿勢は当時から変わらなかったというが、本人いわく「どんなに思い切り振っても打球が飛ばない」。その一方で、ボールにコンタクトする力は当時から光るものがあり、結果的に「1番遊撃」が彼の指定席だった。

「プロに行くなんて想像もしていなかった。とにかく、楽しく野球をやるだけの毎日」を過ごした柳田少年が初めて「プロ」を現実的に捉え始めたのは、それから10年近く経った大学入学後のことだったという。

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー