SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

「軽打でロングヒットが打てる」石川昂弥の次元が違う打撃とは?

Text:尾関雄一朗

キャンプに参加中の中日1位入団、石川昂弥。右肩を痛めるも軽症で、その大物感から期待が日々、高まっている。
東邦高校時代の恩師は、石川をどう育ててきたのか。

石川昂弥①(別タブで開きます)

■石川昂弥② 次元が違う高校通算55弾 

東邦・森田泰弘監督は、石川の打撃能力の高さをこう証言する。
「入学時からパワーは格段上で、今までに感じたことがないほどの伸びしろも持っていた。東邦の将来を担い、一つ上のステージに上げてくれる男だと感じた。」
「もともと右打ちはできていたが、1年秋のホームランは、入学後にさらに長打力がついたから。その後も球をとらえる能力を上げてきた。特に優れているのは選球眼。その部分は非常に信頼している」

打撃の次元が違う。スイングには力感がない。よく高校球児から〝フルスイング〞という言葉が聞かれるが、石川の場合はまったく逆で「あまりフルスイングしない」と話す。
森田監督も「彼は力んで打たない、マン振り(フルスイング)しない。軽打でロングヒットを打てる。だから球にも対応できる」と解説する。
打席に入ると変化球を中心に狙い球を定め、「狙い球がきたら振る。たとえば1打席目でカーブを狙い打てれば、あとの打席は(狙い球を絞るのは)簡単で、ストレートを狙っていけばいい」と石川は涼しい顔だ。打撃フォームは細かな理論よりも感覚を優先する。

3年間で積み上げた本塁打数は通算55本。第54号は夏の愛知大会の初戦で、第1打席のファーストスイングで右中間へ仕留めた。第55号は国際大会での殊勲打。U-18W杯でのパナマ戦で、木製バットで左翼席まで運んだ。

次回、「石川昂弥:③鳴り物入りで東邦へ」へ続く
(初出:【野球太郎No.033 2019ドラフト総決算&2020大展望号 (2019年11月27日発売)】)

取材・文:尾関雄一朗
1984年生まれ、岐阜県出身。
新聞記者を経て、現在は東海圏のアマチュア野球を中心に取材。多くの「隠し玉選手」を発掘している。中日新聞ウェブサイト『中日新聞プラス』でも連載中。 アマ野球関連のラジオ出演なども多数。

『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。