SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

筋トレは正しいフォームとスピードで行う!

トレーニングは「正しいフォームで行うこと」が大前提。これは、筋トレに限らず、ストレッチや有酸素運動などのエクササイズ、スポーツ全般にもいえることです。

知っている、やったことがあるというものほど、自己流になりやすいもの。本書を見ながら、体や手足の位置・角度などを、まずはしっかり頭に入れてください。

鏡を利用し、見えないところは家族や友人に撮影してもらうといった工夫も有効です。また目的の筋肉を意識すると、収縮力を発揮しやすくなります。効いているかどうかも確認しながら鍛えるとよいでしょう。

筋肉への負荷は、スピードによっても大きく変わります。ときどき高速の腹筋運動や腕立て伏せなどを見かけますが、残念ながらフォームが崩れやすく、鍛えるべき筋肉に効きにくいので筋肉を肥大させる効果は半減します。

試しに、いつもの2倍の時間をかけて行ってみてください。相当きついと感じるはずです。効果を上げたかったら、体を引き上げる時には1〜2秒、下げたり戻したりするときには2〜3秒程度かけてゆっくり動くこと。数秒といえども、実際に測ると意外に長いものです。

うっかり忘れてしまいがちな呼吸は、体を上げる時に息を吐き、戻すときに吸うのが原則です。筋トレ中によくわからなくなったら、息を止めずに呼吸をしながら続けてください

【書誌情報】
『世界一引き締まる6回腹筋』
著:坂詰真二

たった6回からの腹筋でお腹が劇的に引き締まる!『世界一やせるスクワット』の監修者が教える、世界一効く“腹筋”を大公開!色々なダイエット法で痩せた! という人は多いのではないでしょうか。でも、なんだかモデルさんのように引き締まっていない…。そんな人は本書の腹筋をぜひ試してみて下さい。1セット6回からという少ない回数で超時短でありながら、狙いたい筋肉をピンポイントで鍛えられる最高効率のトレーニングで、筋肉に適度な厚みを出し、カラダにメリハリを作れます。また、本書では腹筋だけでなく、下半身から上半身まで、メリハリを出すのに欠かせない部位別にトレーニングを掲載。ぽっこり下腹、寸胴ボディ、気になる腰肉などが解消し、健康面でも様々なメリットがあるほか、引き締まった太りにくいカラダも手に入ります。さらに日常生活で役立つ「ストレスマネジメント法」や「メンタルコントロール法」のほか、太りにくい「食事コントロール法」などボリューム満点の内容です。ぜひ最短距離で魅せるカラダが作ってみて下さい!