SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ダンベルは下げる時に効く?筋肉の収縮にも種類がある 「力を入れながら伸ばす」とは?【世界最新のボディメイク】

筋肉の収縮にも種類がある 「力を入れながら伸ばす」とは?

筋肉は縮む(収縮する)ときに力を発揮します。肘を曲げる動きを例にとってみましょう。このとき、上腕二頭筋という“力こぶ”を形づくる筋肉は収縮しています。

一方で二の腕の裏側の筋肉、上腕三頭筋は緩んだ状態です。対の働きをする筋肉の一方が縮んで一方が緩むことで、肘の関節が曲がるという仕組み。

たとえば、本を手にとって持ち上げるとき、上腕二頭筋が収縮し、上腕三頭筋が緩んでいます。これは、本の重さという負荷より上腕二頭筋の力が大きい状態です。

では、手に持っている本を百科事典としましょう。あまり運動習慣のない女性なら、本の重さに耐えきれず肘の関節の角度が広がっていくはずです。このとき、力を入れている上腕二頭筋は収縮した状態で伸ばされていきます。

筋トレでいうなら、ダンベルを持ち上げるのではなくゆっくり下げるとき、スクワットではかがんだ状態から立ち上がるのではなく、腰をゆっくり落としていく動作が、エキセントリック運動に当たります。

ダンベルを持ち上げたりスクワットで立ち上がる動作は、収縮した筋肉の長さが短くなる筋活動で、これをコンセントリック運動と呼びます。

ちなみに、力を入れている筋肉の長さが変わらない運動をアイソメトリック運動と言います。たとえば、同じくらいの力の人が腕相撲をして手の位置が動かない、負荷と筋力がイコールの状態です。筋トレにはこうした3つの種類があります。

【書誌情報】
『今までの常識が覆る!世界最新のボディメイク』
監修:野坂和則/坂詰真二

今までの筋トレの常識が変わる!?スポーツ科学でわかった世界最新のボディメイク法を大公開!!やせるため、健康になるため、様々な理由でトレーニングに励む人は多いはず。でもどうせなら、自宅でできて、時間もかけず、ラクに筋肉痛にならずに取り入れたいと思いませんか?本書では最新スポーツ科学で判明した、超効率的トレーニング法『エキセントリックトレーニング』をご紹介します!筋肉を最高効率で鍛えるために必要なのは「筋肉を伸ばす」動きを中心とした筋トレ。●腹筋で最高に効いているのは「戻るとき」●階段では、「降りるとき」に鍛えられるなど、美容にも健康にも役立つ最新の情報が満載です!楽に感じる!つらくない!でも効果絶大!そんな次世代のトレーニング法をぜひ本書で体感して下さい。今後のダイエットや健康が時短&超効率的になること間違いなしの一冊です。