SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ダイヤモンドオフェンスにとって非常に重要なフリーマンを生み出すプレーとは!?【ダイヤモンドオフェンス】

Text:坂本圭

フリーマンを探せ

ポジショナルプレーは相手の背後(視野外)、ライン間にフリーマンを生み出すことである。ダイヤモンド・オフェンスは常に優位性を獲得した選手にボールを渡すことから成り立っているので、フリーマンのコンセプトはダイヤモンド・オフェンスにとって非常に重要である。

ボール保持者は、優位性を獲得したフリーな選手にボールを渡すために、相手を自身に引きつけなければならない。例えば、ボール保持者(CB)は2対1の状況を作るために、ボールを渡したい選手(OMF)をマークしている相手の方向へコンドゥクシオン(スペースへ運ぶドリブル)を実行する。相手はマークし続けるか、ボール保持者にプレッシャーをかけるかの選択を迫られる。

通常、相手はボール保持者にプレッシャーをかけ、今までマークしていた選手がフリーになり優位性を獲得する。ボール保持者はフリーになった選手にパスをして、ボールを受けた選手は前進することができる。次の目的は、ボール保持者(OMF)の前方にいるOFラインの選手(CFやWG)に、優位性を獲得したフリーな状況でボールを渡すことである。

【各選手の連動したポジショニング】
各選手の配置や動きは互いに関連している。1人の選手の動きが他の選手に影響を与える。それを自覚してフリーマンを生み出すのがポジショナルプレーである。


CBからWGにボールを渡す理想的な方法は、攻撃側のCBが開き、SBはサイドレーンではなく内側のハーフスペースにポジションを取る。WGは、できるだけ高い位置でタッチラインまで開く。SBをマークしている相手はSBをマークするために内側へポジションを取るようになり、CBから直接WGへのパスが可能となる。このパスで相手のMFラインを超えることができる。

仮に、SBの動きに相手が付いて来ない場合、内側へポジションを移動したSBがフリーマンとなる。もし、ボールを失ってもSBが内側にいるので、相手のカウンターアタックを防ぐために、素早くスペースを閉じて埋めることができる。グラウンド中央に攻撃側の多くの選手を集め、中央でボールポゼッションすることで、相手も中央に集まる。そうするとサイドに開いたWGがフリーになりやすくなるのだ。

【フリーマンを生み出すプレー】
例えば、SBがタッチラインまで開いて高い位置を取りボールを受け相手SBを引きつける。OMFもハーフスペースからサイドへ移動して相手のCBを引きつけSBをサポートするとハーフスペースにスペースができる。そのスペースをWGが内側へ移動して利用する。このようにしてフリーマンを生み出していく。


出典:『ダイヤモンドオフェンス サッカーの新常識 ポジショナルプレー実践法』著/坂本圭

『ダイヤモンドオフェンス サッカーの新常識 ポジショナルプレー実践法』
著者:坂本圭

日本ではまだ珍しいサッカー攻撃の概念・ポジショナルプレーを取り入れた戦術書!!スペインのプロチームでコーチライセンスを獲得した著者が、サッカーを勉強したい学生や指導者、日本式ではなく世界のトップシーンで導入されている新しいサッカーの攻撃方法を実践したいと思っている方々のために、ポジショナルプレーを実践するための方法としてダイヤモンドオフェンスを伝授します。