SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

脳の疲れに効く指の刺激で疲れをとる眼の刺激法とは!?

指の刺激で疲れをとる!眼の12点刺激法

頭の骨はいくつかのパーツが組み合わさってできているが日々の体の使い方のクセにより、ズレが生じてくる。12点のツボを刺激してズレを調整することで眼の血行がよくなるのはもちろん、全身の不調も解消できる。

体の問題のある部分に対応する頭まわりのツボを指で刺激することで、眼の血行や気の流れをよくして、眼の疲れを回復することができる。ここで紹介する12点は中国医学の経路におけるツボや、ヨガで伝えられてきたポイント。口から悪い気を吐き出すイメージで、きちんと呼吸しながら刺激することが大切。コンタクトや眼鏡は外して素のままの目でリラックスしてやること。特に痛みを少しでも感じるところは疲れがたまっているので、ゆっくり押すように。すぐにできるので、時間が空いたらやってみよう!

【メソッド3】眼窩の上側

【コレがつらい人にやってほしい!】
●脳の疲れ

脳の疲れからくる眼精疲労に。もんだとき左右のどちらかに痛みを感じる場合は、そちら側の脳が疲れている証拠。念入りにもみほぐそう。

【1】両手の親指を、眼球とその上にある骨(眼窩)の間に入れ、四指を額に当てる。このとき四指の間隔を離すことで【2】の刺激が行いやすくなる。

【2】息を吸って吐きながら、親指でツボを押しもむ。このとき、親指で骨を上に持ち上げるような感じで強めに刺激する。最後はゆっくり息を吸いながらゆるめる。

【書誌情報】
『ビックリするほど目が良くなる本』
監修:龍村修

パソコン、スマホで疲れた目が「眼ヨガ」でいっきに爽快に!パソコンやスマホなどに触れる機会が増え、目に疲れを感じている人は多くいます。一見目だけの症状にも思えますが、目のまわりの血流が悪くなると、そこから肩コリ、首コリ、疲労感といったカラダの不調に繋がってしまいます。そんな時にオススメなのが「眼ヨガ」です。目のまわりの12のツボを押すだけで、近視、乱視、遠視、疲れ目、ドライアイ、肩こりなど、様々な症状が改善します。たった1分からできる「眼ヨガ」は、薬のような対処療法ではなく、根本の原因から解消できるので、目とカラダの不調がビックリするほど良くなります!