SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

食べ過ぎ/飲み過ぎの時に効く「仰向けでひざをひねる」ヨガのポーズとは!?

カラダが生き返る!症状別ヨガのポーズ

眼の疲れは、肩・首のコリやゆがみが原因であることが多いもの。そこで、肩・首まわりをほぐすヨガに眼の運動を組み合わせたポーズを紹介しよう。スマホやテレビのスイッチをオフにし、リラックスした状態ではじめてみよう。

【ポーズ3】仰向けでひざをひねる

呼吸に合わせてカラダをねじることで内臓を刺激し、血行を促進。眼と関係の深い肝臓、腎臓のはたらきを高めることで、眼の疲れをほぐしていくポーズ。

【コレがつらい人に!!】食べ過ぎ、飲み過ぎ

【1】仰向けになり、両腕を横に両脚は閉じてひざを立てる。

【2】息を吸い、吐きながら両ひざをゆっくりと右側に倒し、床に近づける。このとき、反対側の肩が浮かないように。同時に顔と眼を左側に向ける。

ここをcheck!:首をひねるのと同時に眼球を左に動かす。ふだん、あまり使わない眼筋をしっかりほぐそう。

【3】息を吸いながら【1】に戻り、再び吐きながら両ひざを左側に、顔と眼を右側に向ける。呼吸に合わせて【2】と【3】を繰り返す。腕のひねりを加えれば、さらに効果がアップする。最後はゆっくりと息を吐きながら仰向けになり「全身をリラックス」のポーズに。

ここをcheck!:顔の向きと同様、眼も 右に。眼筋を意識しな がら動かすことでコリ がとれやすくなる。

【書誌情報】
『ビックリするほど目が良くなる本』
監修:龍村修

パソコン、スマホで疲れた目が「眼ヨガ」でいっきに爽快に!パソコンやスマホなどに触れる機会が増え、目に疲れを感じている人は多くいます。一見目だけの症状にも思えますが、目のまわりの血流が悪くなると、そこから肩コリ、首コリ、疲労感といったカラダの不調に繋がってしまいます。そんな時にオススメなのが「眼ヨガ」です。目のまわりの12のツボを押すだけで、近視、乱視、遠視、疲れ目、ドライアイ、肩こりなど、様々な症状が改善します。たった1分からできる「眼ヨガ」は、薬のような対処療法ではなく、根本の原因から解消できるので、目とカラダの不調がビックリするほど良くなります!