SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

三觜喜一メソッド:スイングの基本ができているかは左手1本で打てば分かる!

毎回、芯で打てるようになる
三觜喜一スウィングの“当たり前”
教えます!

たっぷり練習をしているのに、スコアが縮まらない。「いったい何が悪いのか?」。そんな人は、もう一度スウィングというものを見つめ直してみませんか。“ 悩めるゴルファー”のために立ち上がったのは、レッスン界のカリスマ・三觜喜一。数多くのゴルファーから信頼を得ている三觜プロがゴルフの“ 基本のキ”を教えます!

〝左手片手打ち〟で
クラブを引くことを覚えましょう!

●基本ができているかどうかは左手1本で打てば分かる

<三觜> 次に連続素振り同様、インパクトで当てにいく人に有効な 〝左手片手打ちドリル〞をやりましょう。

<幡野> 左手1本でボールを打つってことですか?

<三觜> そうです。やることはシンプルなんですが、いろいろな効果があります。まず、遠心力を正しく使わないと正確にボールが飛んでいかないので、クラブをどうやって動かせばいいかが理解できる。また、これをやればクラブは押すのではなく引くものだということも体感できます。

<幡野> 当てるためのコツみたいなものはあるんですか?

<三觜> まずはクラブを身体の中心に向かって引き続けること。また、ボールに当てようとしないこと。少しでもボールを意識すると左手にブレーキがかかりますからね。インパクトは通過点と考えてクラブを動かし続けることが大事です。

<幡野> スウィングの基本が身に付くということですね。

<三觜> 左手片手打ちができるかできないかは、基本がきちんとできているかどうかの確認にもなります。逆にこれができなければ、たとえナイスショットが打てたとしても、それは〝たまたま〞良い球が出ただけで、正しいスウィングは身に付いていないことになります。上級者の中にも、幡野プロのように右手の使い方は天才的に上手いけど、左手は正しく使えていないという人もいるので、レベルに関係なく必ず左手打ちはやっておいたほうがいいでしょう。

三觜喜一が教えるポイント
【NG】行動

一般アマチュアのほとんどは、右肩が突っ込んだ打ち方をしている。このスウィン グでも右手の使い方が抜群に上手ければ球は打てるが、上達はしない。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.2』7月17日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。