SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

横幅を出せるスキル足裏ロールとは!?/ドリブル力を上げる基礎技術【サッカーレベルアップ】

ドリブル力を上げる基礎技術

ドリブルをレベルアップしていくには、ボールタッチの向上が必要不可欠です。ボールタッチはたくさんボールを触って慣らすことが大事だと思われがちですが、重要なのは身体操作です。自分の体を自在に動かせること。そこにボールを合わせていくことが上達の秘訣となります。

横幅を出せるスキル足裏ロール

『ドリブルで相手を横に大きくかわしていくときに使える必見の練習法』

●実戦で使える足裏ドリブル
足裏ロールはとても実戦的なスキルです。1対1で相手をかわす場面では、相手の足から逃げるようにボールを運びますが、足裏ロールは横幅を広く使えるので、身につけておいても損はありません。それよりも、突破の確率にも影響すると言っても間違いではないでしょう。足裏ロールの習得には、実戦を経験する前に練習することをおすすめします。ここでは、いくつかの方法をお届けします。


四角形を描くようにボールを動かす練習法。利き足だけでなく逆足もチャレンジしよう。


【ココに注目!】斜めではなく真横にボールを転がす
ボールを斜め前に転がしてしまうと横幅を広くとるのが難しくなる。試合で相手の足が届かないところに転がすイメージを持とう


足裏ロールボールタッチドリル

【ロール・アウト・ロール】
アウトサイドでタッチしてボールを外に送ってから足裏ロールする。ロールの前にワンタッチを加え、ボールを動きをジグザグにする。体を大きく使ってシュートモーションを入れながら行おう。利き足だけでなく逆足もチャレンジ。


【ロール・シザース】
ロールをしてその足をそのまま前に持っていきまたぐようにする。このとき、ロールした足をしっかり1歩目にできるようにするのがポイントだ。踏み込むときは体重をしっかり乗せて重心を移すことで、次への動作がスムーズになる。


出典:『サッカーレベルアップ ジュニアが絶対上達するプロのテクニック』監修/石関聖

『サッカーレベルアップ ジュニアが絶対上達するプロのテクニック』
監修:石関聖

サッカーの基本的なテクニックをわかりやすく解説した実用書。ジュニア、ジュニアユース世代をターゲットに、上達するための考え方や具体的なテクニック、基本スキルから1対1のドリブルのポイント、1人で出来るボールテクニックを上達させるための練習法など、手軽に実践できるレベルアップ方を解説します。元プロサッカー選手であり、監督経験もある監修者による実演シーンを、段階写真でわかりやすく、習得しやすいテクニックが満載です。要所にQRコードを掲載しており、監修者がYouTubeでテクニックを披露している動画も併せて確認できます。