SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

パッティングで狙っているラインとターゲットラインを一致させる方法とは?【うねりスイング 実戦ラウンド編1/三觜喜一】

Text:三觜喜一

狙っているラインとターゲットラインを一致させる方法

パッティングはボールの先に何かしらの目印を決めて、そこに打ち出すことでラインに乗せるわけですが、目印に対してパターのフェースを直角に合わせたときに、カップに向いていると感じるかというと、必ずしもその限りではありません。

このように目印に対してフェースを直角にセットしたにもかかわらず、狙った場所を向いていないと感じている人の多くは、目の位置とボールの位置にかなりのズレがある可能性があります。

目の真下にボールがあることで、狙っているラインとターゲットラインが一致するので、ズレがある場合は少しボールに近づくか離れるかして、目の真下にボールおよびラインを持ってくることが必要です。

パッティングにおけるボールの位置は「左目の真下に」と言いますが、目の真下に置くのは基本中の基本で、ターゲットとフェース面のズレをなくすという根本的な要素があります。

違和感がある人は、ボールを置く位置から見直してストロークを行うようにしてください。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本が登場! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけると、それがコースでどのように活かされるか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。ドライバー、アプローチ、パッティングをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロのワザが見られる! B5判の大きな紙面、248ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内